ページの本文へ

Hitachi

Lumada

既存電力設備を活用した設備稼働効率改善による電力コスト最適化

工場全体で使用されている電力を見える化し、設備稼働の最適化を支援します。

  • LUMADAのユースケースコード:UC-01196
  • 業種:製造業
  • 適用業務・目的:環境・省エネ対応

既存の電力設備のデータを活用し、工場全体で使用されている電力を見える化。BIツールを活用して、電力の需要予測に基づいた設備稼働の最適化を支援し、工場全体の電力コストの削減を実現します。

課題

既存設備の稼働効率の最適化を低コストで実現したい

設備の稼働率を最適化して電力コストを削減したいが、現状は熟練者が経験と感覚で設備を管理している。

  • 電力使用量の分析に掛かる時間を削減し、属人化を回避したい。
  • 新規設備の導入コストを抑え、既存の設備のデータを活用して稼働率を最適化し、電力コストを削減したい。

解決策

電力使用量の見える化と稼働率の最適化を支援

工場内の各設備の電力使用量、太陽光発電データ、気象データなどをIoTデータとして電力検針システムで収集します。
収集したデータをBIツールで分析し、見える化。需要予測に基づいた設備稼働の最適化を支援します。さらに、生産設備の待機電力の検出や削減による、工場全体の電力コストの削減を実現します。

特長

使用電力逼迫時に電力抑止アクションを提示

  • BIツールにPentahoソフトウェアを採用。既存の電力設備はそのままで、データ収集のネットワークを構築するだけで、電力使用量の見える化、需要予測、最適化を実現できます。
  • 電力使用量の逼迫時は、電力抑止アクションを明示することで、設備オペレーションの統一化が図れます。

成果

工場全体の電力使用量を8%削減

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

LUMADAのユースケースコード:UC-01196

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。