ページの本文へ

Hitachi

Lumada

カラーバーコードと映像解析技術の組み合わせによる汎用性の高い物体検知ソリューション

フォークリフトの動きを見える化し、倉庫内の事故を抑止するとともに、安全運転への意識向上に役立てます。

  • LUMADAのユースケースコード:UC-01183
  • 業種:運輸業
  • 適用業務・目的:製造現場支援

倉庫現場では、フォークリフトの運行路と作業員の通路が交差して危険な場合があり、安全ルールを遵守することが大切です。
日常的にルールが守られているか把握するために、フォークリフトの動きを見える化し、ルール違反を通報。安全な作業現場作りを支援します。

課題

現場の安全ルール遵守状況の把握が困難

  • フォークリフトと作業員の衝突事故を抑止したい。
  • 安全ルールの違反がないか、効率的に把握したい。
  • ルールが守られていないケースを抽出し、安全教育や分析に活用したい。

解決策

フォークリフトの動きを見える化し、ルール違反を検知

フォークリフトの屋根にカラーバーコードを設置し、倉庫内の監視カメラで撮影。映像を解析して、「一時停止ラインで、決められた時間以上停止していない。」などの違反があれば、現場管理者に通報します。
また、すべての記録映像を目視で確認しなくても、保存した映像から違反があったシーンをすぐに検索できます。これによって、違反映像を安全運転教育に活用したり、違反傾向を分析したりすることで、安全運転の意識向上に役立てます。

特長

低コスト、短期間で導入可能

  • 低コスト、短期間での導入
    既存の防犯カメラシステムが流用できる場合、新たにカメラなどを追加投資する必要がありません。また、カラーバーコードは市販のカラープリンタで印刷できます。そのため、低コストかつ短期間での導入を実現しています。
  • さまざまな物体検知への応用
    カラーバーコードを人・モノに設置して動きを見える化することで、さまざまな場面で応用できます。

成果

  • 早期の事故抑止、および安全運転への意識向上の実現
  • ルール違反映像を抽出する作業の効率化(見込み:1時間/日→10分/日)

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

LUMADAのユースケースコード:UC-01183

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。