ページの本文へ

Hitachi

Lumada

加工・組立ラインの生産効率向上

生産ラインの生産計画データや実績データを収集して見える化。生産効率と品質の向上を支援します。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-01177
  • 業種:製造業
  • 目的:生産計画・在庫管理

加工・組立といった生産ラインは人手による作業がメインのため、作業者のスキルによってスピードや品質にばらつきが発生。
生産計画データとその実績データ、設備のトレンドデータを収集して見える化することで、作業プロセスや生産計画の見直し、設備不良の早期対策が可能になり、生産効率と品質の向上を支援します。

課題

加工・組立ラインの生産効率と品質を向上させたい

  • 作業者のスキルによるばらつきをなくし、作業の標準化を図りたい。
  • 加工・組立ラインの進捗状況を把握して、作業プロセスや生産計画をフレキシブルに見直したい。
  • 設備不良の発生時、原因調査と対策を迅速に対応したい。
  • 設備メーカーが異なっている場合でも、トレンドデータなどを収集し、分析に活用したい。

解決策

生産の予実績とトレンドデータの見える化

生産ラインの生産計画データと実績データ、設備のトレンドデータを収集して、進捗状況をリアルタイムに表示します。

  • 作業者、ラインごとに作業プロセスや生産計画を見直すことで、生産効率を向上できます。
  • 設備のトレンドデータから運転状況を把握することで、不良が発生しても早期に対策。また、部材の在庫数や使用期限から、生産ラインの計画外停止を削減します。

特長

データベース化による各種データの一元管理

  • 生産の予実績データ、設備のトレンドデータ、各種部材データなどをデータベースで一元管理。さまざまな観点での分析に活用できます。
  • ネットワークを介した、複数拠点でのデータ管理や進捗状況の把握が可能です。
  • 複数のメーカーのPLCに対応しています。未対応のメーカーでも、PLCのインターフェース仕様を提供することで対応可能です。

成果

  • 作業プロセスや生産計画の見直しによる、適切な人員配置と作業の共通化
  • リアルタイムでの進捗把握により、遅延や不良が発生している生産ラインに対して迅速な対応が可能
  • 複数メーカーのPLCから設備データの収集が可能

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-01177

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。