ページの本文へ

Hitachi

Lumada

AIを活用した顧客の声を見える化・分析システム

各メディアのお客さまの声を見える化し、分析結果をさまざまな場面で活用できます。

  • LUMADAのユースケースコード:UC-01173
  • 業種:業種共通
  • 適用業務・目的:マーケティング,AI

新製品の発表イベントや情報発信のあと、お客さまの反応をいち早くフィードバックしてビジネスチャンスにつなげる必要があります。SNS、テレビ、新聞といったメディアからお客さまの声をAIで分析し、見える化します。
ブランド戦略の立案、リスク対策の検討などさまざまな場面に活用できます。

課題

お客さまの声をいち早くフィードバックしたい

お客さまの声を収集してレポートを作成するまでに時間が掛かっている、また分析のノウハウが属人化しているため、レポートの作成者によって品質にばらつきがある。

  • お客さまの声をいち早く収集して分析し、フィードバックしたい。
  • 蓄積された膨大なデータを高速に検索し、見やすく表示させたい。

解決策

各メディアのデータをリアルタイムに収集し、見える化

SNS、テレビ、新聞などのメディアデータをリアルタイムに収集。AIにより約1,300種類の話題、感情、意図に分類し、お客さまの声を見える化します。

  • データベースに蓄積された膨大なデータをダッシュボードに見やすく表示。知りたい情報をすぐに検索できます。
  • ブランド戦略、販売戦略、サービス品質向上など、さまざまな場面や施策に活用できます。

特長

自然言語処理エンジンによる高精度な分析

  • 自然言語処理エンジンの辞書データベースは、7.6万種類の単語知識と400億パターン以上の意味共起知識の組み合わせから構成。文章に込められた感情や意図など、文字では読み取れない間接的な意味についても高い精度で理解します。
  • SNSやWebから収集した膨大なデータから、辞書情報に従って卑猥な語句や不要なデータをフィルタリングし、ノイズを除去することで、収集データや分析結果データの精度を向上します。

成果

  • 新製品の発表、イベントの広報レポート活動の作業効率を向上
  • 収集、分析結果データの精度向上(フィルタリングにより、ノイズを60%除去)

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

LUMADAのユースケースコード:UC-01173

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。