ページの本文へ

Hitachi

Lumada

部品調達状況を考慮した生産計画策定の自動化による計画再立案/
納期回答の迅速化

部品の調達状況と遅延による影響を見える化して、迅速かつ的確な生産計画の立案を支援します。

  • LUMADAのユースケースコード:UC-01127
  • 業種:製造業
  • 適用業務・目的:生産計画・在庫管理

生産計画の立案に必要な部品の調達状況、引当状況、生産設備の能力、負荷状況をそれぞれ関連付けて見える化することで、迅速かつ的確な生産計画の立案と、正確な納期回答を実現します。

課題

部品の調達状況が見えないため、生産計画の立案に時間が掛かる

  • 迅速かつ正確に納期回答をしたい。
  • 生産計画の再立案に必要な情報(部品の入手状況、影響を受ける完成品の生産計画など)を把握するのに時間が掛かるので、迅速に情報収集したい。
  • 可能な限り生産効率を上げて生産リードタイムを短縮し、顧客の要求納期に対応したい。

解決策

日々の変更要求に即応した的確な意思決定を実現

部品の欠品や納期遅延など日々の変動要素による影響範囲と問題点を見える化し、高度なシミュレーションを実施することで、変更要求に対応した迅速かつ的確な計画立案を支援します。

  • 部品の引当状況や負荷状況などの見える化により、部品調達の遅延による影響範囲を瞬時に把握できます。
  • 部品から完成品までのひも付けチェックにより、正確な状況を把握。的確な納期回答が可能になります。

特長

変動に対する影響の見える化と、高度なシミュレーション機能

  • 販売・生産・調達の視点で、製品から部材までをひも付けて確認。不測事態が与える影響範囲や問題点を迅速に把握できます。
  • シミュレーションを実施して、複数の計画を比較・検証。部品の調達状況や生産負荷状況に対応した最適な計画を立案できます。

成果

  • 生産計画業務の工数削減(370Hr/月→240Hr/月)。
  • 納期回答の早期化(翌日回答率:40%増)。
  • 納期遵守率の向上
    (短納期の生産品:50%以上   長納期の生産品:20%以上)。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

LUMADAのユースケースコード:UC-01127

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。