ページの本文へ

Hitachi

Lumada

EMiliaを活用した無人店舗運用・制御プラットフォームの提供

複数店舗の設備を一元管理して、無人店舗の運用効率と接客品質の向上を実現します。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-01126
  • 業種:業種共通
  • 目的・課題:設備管理

一般的な店舗管理システムでは、開店/閉店処理、セキュリティ、接客時の音声/映像などの制御装置を個別に設置する必要があり、運用・維持コストが大きな負担となっています。「EMilia」で店舗内の設備を連携させ、遠隔制御を可能にすることで、無人店舗の集中管理を実現。運用・維持コストの削減と接客品質の向上に貢献します。

課題

導入・運用コストを抑えた無人店舗の展開をしたい

  • 店舗内の各設備に対して、個別に制御装置を設置しているため、初期導入費用と運用コストが掛かっている。1台に集約してコストを削減したい。
  • 最小限のオペレーターで複数店舗のお客さまに対応するため、オペレーションの効率と品質を向上させたい。

解決策

複数店舗の一元管理と設備の見える化を実現

無人店舗や設備にエッジ端末を設置し、店舗の運用に必要なセンサーデータや接客時の音声/映像データを収集。遠隔オペレーションセンターにデータを集約し、オペレーターからの遠隔制御や来店客との音声/映像通話を実現します。
複数の制御装置を設置する必要がなくなるため、初期導入コストと運用コストを低減。さらに、全国に展開している店舗の一元管理と設備機器の見える化が可能になり、オペレーションの効率化を実現します。

特長

設備機器の異なる制御データを集約

統合エネルギー・設備マネジメントサービス 「EMilia」では、異なる設備機器の制御データを接続させ、データの集約を実現。アナログを中心に管理していた従来システムでの音声データ、画像データ、操作データをデジタルとして統合的に管理できるようになり、操作性を変えることなくシステム更新を実現します。
また、店舗間の設備機器を「EMilia」で連携することで、遠隔制御による複数店舗の一元管理が可能になります。

成果

無人店舗の初期導入コスト・運用コストを低減

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-01126

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。