ページの本文へ

Hitachi

Lumada

スマートグラス活用によるフィールドサービスの品質・生産性向上のためのデータ収集・活用事例

スマートグラスの活用で熟練者のノウハウを共有し、各拠点の品質と生産性の向上を実現します。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-01123
  • 業種:製造業
  • 目的:設備管理

スマートグラスを活用して、熟練者が遠隔地のフィールド作業者に手順の指示やアドバイスを実施。
遠隔地の作業者の作業品質と生産性の向上を実現し、熟練者の駐在費、出張費などのコストを削減します。

課題

熟練者のノウハウを遠隔地で活用したい

  • 海外を含む遠隔地のフィールドサービスの品質と生産性を向上したい。
  • 不測の事態が発生した場合でも、迅速に対応したい。
  • 熟練者の現地駐在や出張のコスト負担を低減したい。
  • 若年者を短期間で効率よく育成したい。

解決策

スマートグラスの活用による遠隔指導での品質と生産性の向上

スマートグラスを活用し、遠隔地のフィールド作業をオフィスから遠隔支援します。

  • 熟練者がオフィスから遠隔地のフィールド作業者に手順の指示やアドバイスを実施。実作業を通して高度な技術やノウハウを伝授することで、フィールド作業者の作業品質と生産性を向上できます。
  • 不測の事態が発生した場合でも、熟練者が現地に赴くことなく、映像や音声でのダイレクトな指示によって迅速に適切に対応できます。

特長

作業プロセスを収集、見える化し今後の改善施策に活用

  • スマートグラスを介して、作業の事象と内容、フィールド作業者視点の映像、熟練者との音声会話などを機械的に収集し見える化します。
  • 収集したデータを基に、作業手順の改善や事故の因果関係を分析し、作業の改善施策と事故の再発防止に活用できます。
*
スマートグラス:作業現場での使用に適したヘッドマウントディスプレイユニット。画面を見ながらハンズフリー作業を行ったり、作業者視点の映像を撮影・記録することが可能。

成果

  • 熟練者の人件費、出張コストを40%削減。
  • 作業時間短縮や生産性向上により、フィールドサービスの受注上積みが可能。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-01123

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。