ページの本文へ

Hitachi

Lumada

サブスクリプション型ビジネス向け課金請求情報の活用事例

課金請求業務を自動化して、低コストでのサブスクリプション型ビジネスの実現を支援します。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-01122
  • 業種:その他サービス業
  • 目的:マーケティング・営業力強化

サブスクリプション型ビジネスでは、サービスの拡大に伴い料金請求の業務が煩雑化しています。
ソリューションを活用して業務を自動化することで、業務の効率化と低コストでのビジネス展開を実現します。

課題

課金請求業務の負荷を下げて顧客サービスを向上させたい

  • 料金請求業務が煩雑化しているので負荷を減らしたい。
  • より魅力的なサービスの市場投入を迅速に行いたい。
  • 会員のニーズをとらえて、サービス解約率を低減させたい。
  • 多彩な課金・請求方法に対応するシステムを短期間で構築したい。

解決策

業務自動化によるミス防止・効率化

契約から請求まで、継続・従量課金サービスに必要な業務をフルサポート。課金請求業務を自動化することで、業務の効率化と低コストでのビジネス展開を実現します。
また、収集した会員情報を活用することで、サービス内容や料金プランを市場ニーズに応じて見直すことが可能になり、顧客サービスの向上につながります。

特長

契約から請求までワンストップで提供

  • 顧客管理・課金・請求・決済に必要な業務の多くをカバーしているため、サブスクリプション型のマネタイズのノウハウがなくても短期間でビジネスの立ち上げが実現できます。
  • 複雑な課金計算や料金プランの設定が容易なため、会員のニーズに合わせた柔軟なプラン変更が可能です。
  • サービス提供事業者や決済代行会社などとの自動連携により、入金取り込みや請求計算を自動化。業務負荷の軽減と業務の効率化が可能です。

成果

  • 課金・請求業務の運用作業を75%削減。
  • 請求処理の作業日数を50%削減。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-01122

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。