ページの本文へ

Hitachi

Lumada

量産に対応した電子作業指示システムによる作業習熟スピード向上と作業改善の加速化

タッチ式モニターに作業手順、注意事項などをわかりやすく表示し、作業品質の統一と改善につなげます。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-01076
  • 業種:製造業
  • 目的:製造現場支援

製造の現場では、新人の習熟レベルを早期に引き上げ、誰が作業しても一定の品質を確保できることが重要です。
電子作業指示システム「e-Assy」を導入することで、作業手順を統一し、習熟スピードの向上と安定した品質を実現します。
さらに、自動収集される作業実績データから改善点を明確にして、量産時の作業効率の改善につなげることができます。

課題

新人の作業習熟期間の短縮と量産時の作業効率向上が課題

  • 新人の作業習熟期間を短縮し、早期立ち上げを実現したい。
  • 作業手順を統一することで、作業品質を安定化したい。
  • 作業実績データを基に改善点を明確にして、量産時の作業効率を向上したい。

解決策

電子作業システムで品質を統一、さらなる改善へ

電子作業システム「e-Assy」で、タッチ式モニターに作業手順、注意事項などを表示。わかりやすい説明を見ながら作業できるため、熟練度に関係なく作業品質を統一できます。
また、「e-Assy」が自動的に作業実績データを蓄積し、BIツールによって分析。製品、作業者、作業工程などさまざまな観点で改善点を明確にして、作業効率改善につなげることができます。

*

BI: Business Intelligence

特長

作業工程飛ばしの防止や作業者のログイン制限も可能

  • 「e-Assy」によって工程進捗データも収集できるため、万が一、作業工程飛ばしが発生してもシステムロックにより作業を中断。作業品質を確保できます。
  • スキルマップ情報と連携して、特定のスキルを持った作業者しか「e-Assy」にログインできないように制限することで、作業品質の安定化を図れます。
  • 記録動画の確認により、標準作業時間との差異が大きい作業の原因を追及できます。

成果

  • 作業手順の統一による、新人の作業習熟期間の短縮(約3か月→約3週間)。
  • 作業実績データの分析・改善による、量産時の作業効率向上(約15%)。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-01076

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。