ページの本文へ

Hitachi

Lumada

生産設備/現場システムのデータ集約による工程進捗のリアルタイム見える化

人手による組立工程の作業時間を見える化して、ラインバランシングの実現に貢献します。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-01038
  • 業種:製造業
  • 目的・課題:生産計画・在庫管理

時間単位で工程数の変動や製品混流が発生する組立工程では、工程全体の最適化を図ることが困難だといわれています。
組立工程の作業時間をリアルタイムで見える化することで、組立工程全体のラインバランシングを実現。生産性の向上に貢献します。

課題

生産性の向上と品質の安定化を図りたい

  • 各工程の作業状況を把握して、ボトルネックになっている工程をリアルタイムに認識したい。
  • 管理者に依存していた工程調整を見える化して、生産量や製造コストの安定化を図りたい。
  • 作業渋滞に伴う作業者のストレスを素早く検知して対処したい。

解決策

個別最適から、工程全体の最適化へ

各工程にワークセンサーを設置して、作業の開始時間と終了時間を取得。
作業時間を見える化することで、ボトルネックになっている工程や作業に余裕がある工程をリアルタイムで把握し、組立工程全体のラインバランシングによる、製造リードタイムの短縮を実現できます。
また、生産性の向上にも貢献します。

特長

早期導入や柔軟なカスタマイズを実現

データ分析、見える化に役立つさまざまなアプリケーション群や連携ソリューションを提供しています。

  • オープンソースのソフトも活用したオールインワンのパッケージにより、低コストかつ素早い導入を実現できます。
  • ダッシュボードの活用により、リアルタイムに現場の状況を確認。素早い検証が可能になります。
  • 管理に有用なメタデータの付与により、データの管理や検索が容易に。また、メタデータの追加により、データ分析のバリエーションを増やすことも可能です。

成果

組立工程の生産性向上(従来比11%)。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-01038

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。