ページの本文へ

Hitachi

Lumada

生産状況の見える化と計画精度の向上による納期の遵守

生産状況や設備エラー情報などを見える化して問題点を分析。作業計画の精度を向上します。

  • LUMADAのユースケースコード:UC-00947
  • 業種:製造業
  • 適用業務・目的:生産計画・在庫管理

製造現場からリアルタイムに情報収集し、生産状況や設備エラー情報などを見える化します。
問題点を分析して早期に現場へフィードバックすることで、作業計画の精度を向上でき、納期遅延の削減につながります。

課題

納期遅延を撲滅するためには生産阻害要因の把握が必要

  • 多岐にわたる生産工程において、どこで問題が発生しているのかをリアルタイムに捉えたい。
  • 問題の原因分析、フィードバックを迅速に行い、計画精度を上げることで、納期遅延を撲滅したい。

解決策

ダッシュボード形式での「見える化」と、作業計画の「精度向上」

複数の製造設備を束ねるIoTコントローラーからリアルタイムに情報を収集し、生産状況や設備エラー情報などをダッシュボード形式でリアルタイムに見える化します。
蓄積したデータを基に作業時間分布図を作成し、作業時間のばらつきを把握。これによって、ボトルネック工程などの問題点の分析や改善ポイントを抽出し、作業計画の精度を向上できます。

特長

IoT化が進む産業分野の潮流に対応

  • IoTコントローラー「HXシリーズ」が、製造ラインのフィールドネットワーク全体から現場データを収集。IoTプラットフォーム接続、データ加工、製造業現場のエッジコンピューティングなど産業IoTソリューションに柔軟に対応します。
  • 生産計画最適化ソリューション(Production Planning Optimization)によって、生産計画と生産実績の差異を見える化。ドリルダウンで問題の原因を特定し、遅延の挽回計画を迅速に立案できます。

成果

  • 生産状況をリアルタイムに把握し、生産阻害要因を早期に現場にフィードバック。
  • 生産阻害要因を分析・改善して作業計画の精度を向上し、納期遅延を削減(5%→0%目標)。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

LUMADAのユースケースコード:UC-00947

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。