ページの本文へ

Hitachi

Lumada

組立ナビゲーションシステムによる生産性向上

組立手順を記載した3Dの作業手順書を自動生成します。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-00923
  • 業種:製造業
  • 目的:生産性向上
  • 導入実績:株式会社日立製作所 大みか事業所

完成品の3D CADの設計データを基に、現場作業者が直感的に理解しやすい3Dの作業手順書を自動生成。
生産リードタイムの短縮と作業品質の安定化を支援します。

課題

多品種少量生産においても、大量生産並みの高い生産性が必要

  • 製作図面の作成を効率化したい。
    多品種の製品を扱う製造現場では、品種ごとに製作図面を作成する必要がある。設計変更も多く、製作図面の再作成や版管理など、作業負担が大きい。
  • 作業者の経験に左右されずに品質を確保したい。
    経験が浅い現場作業者にとっては、製作図面から組立順序や作業時の注意点を読み取ること難しく、時間が掛かる。

解決策

3D CADデータを基に、3Dの作業手順書を自動生成

  • 完成品の3D CADデータを基に、適正な組立手順を分析し、3Dの作業手順書(アニメーションや手順書)を自動生成。設計者が製作図面を作成・管理する負担を軽減できます。
  • 1作業1画面で作業手順や注意点を表示。組立手順を直感的に理解できるため、製作図面を読み解く必要がなくなり、現場作業者間の作業品質を安定化できます。

特長

独自のアルゴリズムで組立順序と組立方法を特定

独自のアルゴリズムによって、完成品の3D CADデータから設計・構造情報を読み込み、分解順序と分解方法を分析。そこから、適正な組立順序と組立方法を割り出し、3Dの作業手順書を生成します。

成果

  • 作業手順書の自動生成によって、設計者が製作図面を作成・管理する負担を軽減。
  • 直感的に理解できる作業手順書によって、現場作業者の製作図面を読み解く負担を軽減。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-00923

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。