ページの本文へ

Hitachi

Lumada

画像解析技術による熟練技能のデジタル化:ろう付け技能訓練支援システム

画像解析技術によって、製造現場での技能取得の短期化や品質レベルの向上を支援します。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-00901
  • 業種:製造業
  • 目的・課題:製品・サービス品質向上
  • 導入実績:ダイキン工業株式会社

製造現場での熟練技術者と訓練者の作業の違いを画像解析で定量的に評価。
技能習得の短期化や作業の標準化、品質レベル向上を実現します。

課題

海外生産拠点での品質レベルの確保が困難

  • 海外生産拠点でも国内と同等の品質を確保したい。
  • 生産技術者の育成を効率化・短期化したい。
  • 属人化している作業を標準化したい。

解決策

製造現場の作業を評価して効率よく品質レベルの向上を実現

複数の熟練技術者、訓練者の作業時の動作や材料の温度の変化を記録・収集・分析して、品質を確保するために最適な作業プロセス、重要な作業工程で守るべき指標を明確化します。
作業プロセスを標準化し、指標を満たすよう行動することで、国内外のどの生産拠点でも安定して品質を確保できます。また、各作業者の作業の問題点が見つけやすくなり、生産技術者の技能取得も短期化できます。

特長

熟練技術者の作業プロセスを数値化・デジタル化

  • 熟練技術者の作業をセンサーやカメラで時系列に記録し、品質の確保に重要な作業プロセスを明確にした上で、各プロセスの指標を数値化・デジタル化。
  • 熟練技術者と訓練者の作業を複数項目と算出した指標で比較して、訓練者の作業を評価。
  • 評価結果は項目ごとにグラフや映像で見える化。

成果

  • すべての生産拠点で安定した品質を確保。
  • 海外生産拠点でも熟練技術者の育成が可能になり、生産性が向上。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-00901

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。