ページの本文へ

Hitachi

Lumada

製造現場で作業者の動線を動画撮影し、リアルタイムに作業異常を検知および作業者の習熟度向上を支援_日立デジタルサプライチェーン(DSC)

製造現場の人の動線をリアルタイムに把握。正常作業との違いの検知や作業員の習熟度向上に役立てます。 * DSCは Hitachi Digital Supply Chain の略称表記です。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-00890
  • 業種:製造業
  • 目的・課題:製造現場支援

カメラの画像から製造現場の人、工具などの動線をリアルタイムに把握して、正常作業との違いを検知したら通報。
また、熟練者の作業の動画を人材育成や教育に活用したり、各作業者の習熟度や傾向をWebから確認できます。

課題

作業異常の迅速な検知と作業者の習熟度の平準化

  • リアルタイムに製造現場の作業異常を検知したい。
  • 作業者の習熟度に起因する作業品質のばらつきをなくし、品質格差を是正したい。
  • 新人作業者に対する作業トレーニングの習熟度を確認したい。

解決策

人の動きを起点に品質の安定を実現

  • 品質制御支援システム(DSC/QC)により、人の動きを撮影し、統計上の「いつもの動き」と比較・分析。「いつもと違う動き(作業異常)」を検出・確認します。
  • 新人作業者は熟練者の動画を見ることで、作業習熟度を向上。作業管理者は各作業者の習熟度や作業傾向をWebから確認。これらによって、人財育成や 教育効果の向上を図れます。
*
DSC/QC:Hitachi Digital Supply Chain/Quality Control

特長

作業者の動線データやモデルの可視化・活用

  • 特許取得済のアルゴリズムにより、リアルタイムで作業異常を検知。同一の作業を繰り返す画像から、各作業者の作業状況の正常/異常を自動的に判定できます。
  • 出力された座標データを基に、作業異常度を自動的に算出。算出した値や作業情報は、Webで作業単位に公開できます。
  • 大量の画像データの公開範囲、バックアップ計画など、運用面を含めたコンサルティングを実施します。

成果

  • 組み立てラインでの直行率向上(95%→99%)。
  • セル生産方式での歩留り率の向上(90%→100%)。
  • 作業者の理解力の向上と指導工数の削減(約30%削減)。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-00890

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。