ページの本文へ

Hitachi

Lumada

ふかん映像技術活用によるセル生産の作業効率分析支援

作業エリアのふかん映像記録を使用し、作業員行動を見える化。作業現場最適化で生産性向上につなげます。

  • LUMADAのユースケースコード:UC-00851
  • 業種:製造業
  • 適用業務・目的:製造現場支援

複数のカメラ映像を合成して、工場のセル生産現場をふかん。また、作業エリアの作業者の行動状況を見える化し、製造実績・製造計画との関連を分析することで、セル生産現場の生産性向上の施策検討を支援します。

課題

セル生産方式の現場における生産性向上

  • セルごとの作業環境の最適化を図り、稼働率を向上したい。
  • 作業者の作業実態、作業員がセルを離席する原因を把握したい。

解決策

作業者の行動検知と分析による作業現場の改善を支援

複数のカメラ映像を合成して、工場のセル生産現場をふかん。作業エリアの作業者の行動状況を、映像として観察し、録画します。セル生産現場のふかん映像の中の作業者の映像から、各作業セルの作業者の在席・離席を画像認識で判別し、記録します。
これらを分析して、作業セル数、セルの配置、作業者数などの最適化を支援します。

特長

作業エリア全域を見える化する2つの画像技術

  • 複数のカメラ画像のゆがみを補正してつなぎ合わせ、センシングデータなどを重ね合わせた、2.5次元のふかん画像を合成する技術。
  • カメラ画像から作業者の在席・離席を検出する画像認識技術。

成果

  • セルの稼働状況、製造可能な製品種別の分析で稼働率40%向上、設置スペース約40u削減。
  • 作業者がセルを不在にする原因を改善し、生産性約10%向上。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

LUMADAのユースケースコード:UC-00851

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。