ページの本文へ

Hitachi

Lumada

生産設備のリアルタイム画像差分解析による生産性向上

設備監視用カメラの画像をリアルタイムに分析し、異常の予兆を検知。生産性向上を支援します。

  • LUMADAのユースケースコード:UC-00837
  • 業種:製造業
  • 適用業務・目的:製品・サービス品質向上
  • 導入実績:株式会社ダイセル

人が関与する現場において、ミスはどうしても発生するもの。人に代わって、画像データの差分判定分析技術で設備の異常をリアルタイムで検知。保守作業の負荷を低減し、品質保証の水準と生産性の向上を支援します。

課題

手作業による点検・監視には限界がある

  • 点検対象設備および点検項目が多数あるため、設備の点検作業に時間がかかり、保守員の負担が大きい。
  • 点検漏れに起因する、保守のための計画外停止の発生を防ぎたい。
  • 設備異常による異常品をリアルタイムに発見し、すぐに排出したい。

解決策

画像分析技術を用いて故障の予兆を検知

画像データの差分判定分析技術を用いて、対象設備やライン状態の変化点を検出します。故障の予兆となる状態やプロセス異常などを検知し、管理画面や監督者のウェアラブル端末にアラートを通知。品質保証の水準や生産性の向上に寄与します。

特長

用途に応じた標準モデルとしきい値設定を蓄積

正常時の設備画像(標準モデル)と設備監視用カメラ画像を比較することで、設備の異常をリアルタイムで検知します。

  • 監視対象に応じた標準モデル、しきい値設定をノウハウとして蓄積しており、多様な設備に対応可能。
  • 設備画像と製造実行システム(MES)の工程・タイムスタンプ情報を統合することで、設備異常発生時の生産品(異常品)をリアルタイムに特定することが可能。

成果

  • リアルタイム画像検査による保守作業負荷の30%(目標値)低減。
  • 故障の予兆、プロセス異常の検知による設備の計画外停止ゼロ。
  • 異常品の迅速な特定・排除による信頼性の向上と検査コストの低減。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

LUMADAのユースケースコード:UC-00837

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。