ページの本文へ

Hitachi

Lumada

バイヤ/サプライヤ間のサプライチェーン全体での供給リードタイムと在庫の削減

サプライチェーンに関わる企業間で情報を共有し、在庫削減、リードタイム短縮を実現します。

  • LUMADAのユースケースコード:UC-00834
  • 業種:製造業
  • 適用業務・目的:生産計画・在庫管理

バイヤーとサプライヤー間で品目ごとの一連のサプライチェーン情報を時系列に共有することで、サプライチェーン全体の納期調整を支援します。

課題

在庫状況が把握できないため納期調整が困難

  • 納期調整や在庫管理が属人的で、リアルタイムに状況を把握できない。
  • 長納期の部品調達は早めに手配をしたいが、過剰な部品在庫を抱えたくない。
  • 市況に合わせた生産変動が大きく、バイヤーとサプライヤー間の納期調整が煩雑。

解決策

サプライチェーン情報の共有による納期調整の支援

バイヤーとサプライヤー間での部品・原材料調達において、品目ごとの所要計画、注文残高、納期回答、着荷・検査、在庫などサプライチェーンの一連の情報を時系列に共有することで、納期調整を支援します。

特長

SaaS環境による柔軟なカスタマイズ

SaaS環境による迅速な業務の立ち上げと日立の実績を基に、お客さま業務に合わせた柔軟なカスタマイズが可能です。Webインターフェースは日本語・英語・中国語に対応するほか、海外ヘルプデスクは英語・中国語をサポートします。

*
SaaS:Software as a Service

成果

  • サプライヤ(調達)側サプライチェーン全体における在庫の最適化(過剰在庫、欠品の防止)
  • 生産工場の棚卸資産回転率/回転日数の改善(機械メーカ事例:50%改善)
  • 納期調整業務の削減(消費材メーカ事例:50%削減)

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

LUMADAのユースケースコード:UC-00834

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。