ページの本文へ

Hitachi

Lumada

販売会社/製造拠点間のサプライチェーンにおける在庫最適化と棚卸資産回転率の改善

サプライチェーン全体での在庫最適化、棚卸資産の回転率の改善を支援します。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-00833
  • 業種:製造業
  • 目的:生産計画・在庫管理

製品の在庫、販売見込みなどのサプライチェーン情報を共有化し、販売会社とメーカー間の納期調整や販売計画業務を支援します。

課題

サプライチェーン全体の状況把握が課題

  • 販売側のサプライチェーン全体の在庫が把握できない。
  • 欠品防止のために過剰な在庫を抱えることで、棚卸資産の回転率の悪化。
  • 精度の高い情報が収集できず、納期調整が煩雑になる。
  • 販売計画の精度を高めたい。

解決策

PSI情報を見える化し、生産・販売・在庫の最適化

各拠点間で生産・販売・在庫情報(PSI情報)を見える化します。

  • 販売会社、メーカーの拠点間でPSI情報をリアルタイムに共有。
  • PSI情報の集計結果を、製品ごとの売上予測や生産計画の立案に利用。

特長

精度の高い販売計画と在庫の最適化

クラウドサービスを利用し、グローバルに展開した販売会社とメーカーの拠点間のPSI情報を共有することで、実販売ベースのPSI計画が立案できます。
また、PSI情報の共有と一元管理により、属人化していた在庫調整を統一でき、在庫の最適化が可能です。

成果

  • バイヤ(販売)側のサプライチェーン全体の在庫の最適化(過剰在庫、欠品の防止)
  • 販売拠点の棚卸資産の回転率・回転日数の改善(機械メーカ事例:50%改善)
  • 販売計画の精度の向上

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-00833

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。