ページの本文へ

Hitachi

Lumada

トンネル内位置管理

トンネルなどの屋内空間でヒト・モノの位置をリアルタイムに把握し、現場作業の効率化や安全管理を支援します。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-00776
  • 業種:不動産業・建設業
  • 目的:製造現場支援

GeoMationの活用で、トンネル工事現場や地下などの屋内空間におけるヒト・モノの位置をリアルタイムに把握。
現場作業の作業効率化や作業員の安全管理を支援します。

課題

生産性の維持・向上と安全管理を低コストで実現

  • 少人数の作業現場でも、作業員や機材の位置・動線管理を効率化して、生産性を維持・向上したい。
  • 作業員の体調不良や一酸化炭素中毒などによる転倒を迅速に把握することで、事故の重篤化を防止したい。
  • 専門技術者に頼らなくても、トンネル内などGPSの電波が届かない屋内空間の位置把握を低コストで実現したい。
*
GPS:Global Positioning System

解決策

屋内空間での正確な位置把握で作業効率化と安全管理を支援

トンネル工事現場や地下などのGPSの電波が届かない 屋内空間で、機材や作業員の位置をリアルタイムに把握することで、さまざまな課題を解決します。

  • 動線を最適化することで、作業効率化を支援します。
  • 万一の事故でも適切な初動対策で重篤化を防ぎます。
  • 無線方式のルーターによって、高価な通信ケーブル設備が不要となり、低コストで位置把握が実現できます。

特長

高精度の位置測定と移動履歴分析で安全を守る

  • 作業空間の状況(長さ、内径、壁面の素材、カーブ、障害物の有無)に応じて、適切に無線方式のルーターを配置し、複数のルーターが検知する電波の強度から作業員や機材の位置を特定します。
  • 作業の特性や想定リスクに応じて、適切な加速度測定間隔やしきい値を設定します。
  • 作業員の移動履歴を分析し、むだな動きの改善や長時間連続作業の防止を支援します。

成果

GPSの電波が届かない屋内空間でも、無線方式のルーターを用いることで、作業効率化と安全管理が低コストで実現できます。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-00776

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。