ページの本文へ

Hitachi

Lumada

ガス事業者向け導管・設備管理

地図上に導管・設備情報をマッピングして、ガス導管網の効率的な維持管理を支援します。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-00774
  • 業種:電気・ガス・熱供給・水道業
  • 目的:設備管理

GeoMationの活用で、地図上に都市ガスのライフラインであるガス導管網をマッピングして管理します。
導管・設備維持管理の効率化、経年管対策のほか、スマートデバイスの利活用で現場作業や報告業務の省力化を支援します。

課題

ガス導管・設備の予防保守と現場作業の省力化を実現

  • ガスの圧力・流量の変化によるガス導管の破損を防ぐため、事前に変化の影響をシミュレーションしたい。
  • 優先的に工事が必要な導管・設備を把握して、予防保守を実現したい。
  • 工事現場で、導管・設備の埋設詳細図や写真を確認したい。
  • 報告のためだけに、工事現場から事務所に戻りたくない。

解決策

高精度なシミュレーションとマッピングでガス導管・設備の維持管理を支援

GeoMationの活用で、ガス導管網の位置や形状、導管の詳細情報を正確に把握・管理し、ガスの圧力・流量の変化が導管に及ぼす影響のシミュレーションを実現します。工事が必要なガス導管や設備を検索して地図上に表示させ、設備保全計画の立案を支援。また、埋設詳細図や写真なども地図と紐づけてスマートデバイスに表示させ、工事現場の作業を支援します。

特長

ガス事業者さま向けに、使いやすく充実した機能を提供

  • 表計算ソフトウェアやCADアプリケーションなどさまざまな外部システムとの多彩な連携が可能です。
  • 市販の電子地図を採用することで、地図入力コストの削減を実現します。
  • 導管情報の入力からファイリング情報の参照までを、誰でも簡単にマウス操作で実行できます。
*
CAD:Computer Aided Design

成果

突発的なガス導管の破損や経年劣化による不具合の発生を予防し、現場作業や報告業務の省力化によってコストを削減します。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-00774

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。