ページの本文へ

Hitachi

Lumada

農作物生育分析(ドローン活用)

ドローン×農業。より高度な収量・品質向上策を実現します。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-00772
  • 業種:農林・水産・鉱業
  • 目的:生産性向上

さまざまな分野で活用が進むドローン。農業用ドローンで収集したデータを
圃場図、生産履歴などのデータと組み合わせて分析することで、投資効果の高い収量・品質向上策策定を支援します。

課題

農作物の栽培コストを削減しつつ、より品質を向上させたい

  • 農作物の生育ムラに対して可変施肥(必要な個所だけへの施肥)を実施し、肥料コストを抑えたい。
  • 短い収穫適期を逃すと、収穫物の品質が低下し、売価も低下してしまう。
  • 穀物類(稲や小麦)だけではなく、葉物作物や果樹などについても、収量・品質向上策を実現したい。

解決策

農業用ドローンで収集した各種データを活用、分析

光学センサー、距離センサー、およびGNSS装置が搭載された農業用ドローンによって、農作業の現場のデータを収集。圃場図、生産履歴、農業気象データなどと組み合わせて、GeoMation農業支援アプリケーションに集積し、農作物生育情報を測定、分析します。

特長

低コストかつ高効率なデータ収集を実現

ドローンによる撮影は時間の自由度が高く、しかも、1回の撮影コストはリーズナブルです。そのため、作物の状況や工程に合わせてタイムリーに撮影できます。 また、ドローンで計測できるデータは高分解能(5cm/pixel程度)のため、葉物作物や果樹の葉の分析も可能です。

成果

幅広い農作物に対して、より的確に収量・品質向上策を策定できるようになります。
また、用途に応じて適した手法を選択できるため、コスト最適化も図れます。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-00772

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。