ページの本文へ

Hitachi

Lumada

音声データ利活用

コンタクトセンターなどの「顧客」の声を分析し、企業の課題解決を支援します。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-00759
  • 業種:金融・保険業
  • 目的:マーケティング・営業力強化

コンタクトセンターなどの音声データを、音声認識技術を応用してテキスト情報として見える化し、テキスト解析による顧客ニーズ分析に活用できます。

課題

顧客の声を分析し、ビジネスに生かしたい。

  • コンタクトセンターの通話録音データなど、日々蓄積されるデータを有効利用し、ビジネスに生かしたい。

解決策

蓄積した音声データを分析し、経営部門でのビジネス検討に活用。

  • コンタクトセンターなどの電話設備、通話録音装置と接続し、蓄積された音声データをデジタル情報として可視化します。
  • 音声データをテキスト分析、さらに業務データと連携して相関分析を行い、マーケティングや営業担当者・顧客分析を支援します。

特長

コンタクトセンターで蓄積した音声データを広く利用

  • コンタクトセンターを有する企業、コンタクトセンター事業者で広く利用できます。
  • 音声データを分析することで、経営層・企画部門ではビジネス検討や新商品開発に利用できます。

成果

顧客の声分析によって、現場課題の解決や経営判断を支援します。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-00759

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。