ページの本文へ

Hitachi

Lumada

地図情報を活用した営業支援

現況データと地図情報を関連付けてマーケティング戦略の手がかりを創出。迅速な意思決定を支援します。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-00757
  • 業種:卸売・小売業
  • 目的:マーケティング・営業力強化

効果的なマーケティング戦略を立案するためには、その裏付けとなるデータを取得し、分析することが有効です。 蓄積されたデータと地図情報を組み合わせることで、顧客の獲得や売り上げの拡大につながる有効なデータの創出を支援します。

課題

現況データや事実に裏づけされた営業戦略の立案

  • 既存の営業所がカバーしていないエリアや、潜在的な市場規模を根拠とした出店計画を立てたい。
  • 営業担当者がカバーするエリアの重複回避や、移動時間の短縮によって顧客の訪問機会を増やしたい。
  • 競合他社の営業重点エリアを把握したうえで、マーケティング戦略や人員計画を立案したい。

解決策

収集したさまざまな現況データを地図上で可視化

自社・競合他社の営業所の位置、営業担当者がカバーするエリア、既存顧客の売り上げ・訪問履歴といったマーケティングに関する現況データを地図情報と関連付けて可視化します。
これにより、効果的な出店計画や営業活動の効率化につながるマーケティング戦略の立案の促進を支援します。

特長

これまで見えなかった現況データの傾向や流れを発見

さまざまな現況データを地図情報と関連付けて可視化することで、データを個々に管理していたときには見えなかった傾向や流れに気づくことができます。
例えば、営業所の位置とカバーするエリアを地図上に表示することによって、カバーできていないエリアを可視化し、出店の候補地を発見できます。

成果

効果的な出店や営業重点エリアの特定など、精度の高いマーケティング戦略を立案でき、新規顧客の獲得や既存顧客の売り上げ拡大を実現します。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-00757

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。