ページの本文へ

Hitachi

Lumada

生産、販売、在庫の可視化とシミュレーションによる在庫適正化

PSI(生産、販売、在庫)計画における的確な意思決定を支援します。

  • LUMADAのユースケースコード:UC-00753
  • 業種:卸売・小売業,製造業
  • 適用業務・目的:生産計画・在庫管理

製品の多様化、製品ライフサイクルの短縮が加速する中、サプライチェーンの「見える化」だけでは、PSI(生産・販売・在庫)計画を 適切に判断することが難しくなってきています。在庫適正化ソリューションが的確な意思決定を支援します。

課題

在庫管理、在庫削減をスムーズにしたい

  • 在庫管理する製品数が多過ぎて、全製品の管理、在庫削減ができない。そのため、ある商品は在過剰庫なのに別の商品は欠品するなどの非効率が発生している。
  • 生産部門、販売部門、物流部門で十分な情報共有と連携ができず、合意形成がスムーズにいかない。
  • 在庫削減の進行具合を確認するのに手間が掛かっている。

解決策

在庫状況をビジュアル化

全製品の在庫状況を図やグラフで可視化します。問題がある場合は、部門別、製品カテゴリ別、個別品目とドリルダウンして絞り込むことが可能。過剰在庫や欠品などの問題を早期に発見し、対策できるようになります。また、グラフを用いることで、関連部門に対して問題点をわかりやすく説明でき、合意形成をスムーズに進めることができます。

全製品の在庫量と販売数量について、「昨年との比較」という観点でのビジュアル化も可能です。そのため、在庫削減の進行具合も簡単に把握できます。

特長

多様な観点での抽出・分析も可能

  • 膨大な数の品目を、多彩な評価軸で散布図に表示。品目全体やグループでの傾向が、一目で確認できます。さらに、散布図上で問題在庫を抽出し、それらの品目リストを詳細に確認することも可能です。
  • 在庫回転率や滞留日数などの各種在庫指標を確認するために、様々な条件を設定して品目を検索、抽出できます。結果は、Excelなどへ外部出力することも可能です。

成果

在庫適正化の業務効率を向上し、在庫削減を実現します。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

LUMADAのユースケースコード:UC-00753

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。