ページの本文へ

Hitachi

Lumada

グローバルSCMにおける在庫可視化分析

グローバル調達・製造・物流における余剰部品の原因究明、在庫余剰リスクの把握、先手対応を実現します。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-00751
  • 業種:製造業
  • 目的:生産計画・在庫管理
  • 導入実績:株式会社 日立製作所

各部品の過去から現在に至る在庫・計画・マスター値の履歴データから問題部品を抽出し、その部品のデータに基づく要因を分析。さらに、将来の余剰リスクを早期に把握し、先手対応を支援します。

課題

ERPシステムからのデータを使いこなせていない

  • 在庫余剰の部品が発生しても、余剰となった原因を究明できない。また、再発防止策を確立できない。
    例:
    いつ時点の需要計画との乖離が原因か?
    調達リードタイムが原因か?
    MOQ(Minimum Order Quantity:最小購入単位)が原因か?
  • 各部品の在庫数や各種パラメーターのマスター値が、適正値であるかを評価する仕組みがない。

解決策

ダッシュボード形式で「見える化」

ERPシステムから収集されるデータ(在庫量の推移、消費の予実績など)や、マスター値の変更履歴を日々蓄積します。これらの過去データと最新データをダッシュボード形式で「見える化」できます。

表示されたデータをもとに、在庫余剰となった部品と要因の相関関係を把握し、再発防止策を立案できます。

特長

余剰在庫の早期把握、先手対応による在庫適性化と滅却ロス削減

各部品の需給状況見える化によって、余剰在庫と関連設定値の相関関係を把握できます。要因を早期に把握することで、課題に対し関連部署で連携して、迅速に推進できます。

需給状況に応じた生産および調達のマスター値(安全在庫、MOQなど)の適正化によって、在庫量適正化を推進できます。

成果

推定した要因をもとにマスター値の見直しを図り、継続して改善していくことでマスター値の適正化を推進できます。また、しきい値を設定することで、在庫余剰を事前に検知することも可能です。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-00751

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。