ページの本文へ

Hitachi

Lumada

グローバルSCMにおける製販需給計画の一体化

グローバルに展開する拠点情報を一元化。売上の最大化と適正在庫を実現します。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-00750
  • 業種:製造業
  • 目的:生産計画・在庫管理
  • 導入実績:株式会社 日立製作所

販売拠点、製造拠点がグローバルに分散する中、部品、仕掛品、完成品の在庫を製造・販売共通のWebシステムで可視化。 最適な製造、物流計画の立案を支援します。

課題

販売機会の獲得と適正在庫がカギ

  • 製造拠点からの製品供給計画と、販売側の受注情報にギャップが頻発。供給調整の意見がかみ合わず、販売タイミング遅れや失注も発生。
  • グローバルに分散した物流拠点間の在庫偏在も発生し、在庫過剰となる製品も発生。

解決策

一元化されたリアルデータの共有

販社の受注・案件情報、配送センターの製品在庫状況、製造拠点の生産・製品供給計画を共通のWeb画面上で、共有できます。

各情報から販社、配送センター、製造拠点が一丸となって顧客案件に対応。工場の生産計画や供給計画変更、配送センター間製品転送など、統一した活動を支援します。

特長

迅速なリカバリを実現

グローバルでの顧客案件や需給課題に対する各拠点のリカバリ活動を迅速に推進できます。

  • 複数拠点の製販情報を一元化したモニタリング環境。
  • 共通のWeb画面上で多くの切り口でモニタリング可能。
  • 各種情報より供給不足およびリカバリ時期の表示などを明示。

成果

製造と販社双方の合意で迅速に方針・対策活動を決定・推進。
機会損失、失注の最小化を実現します。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-00750

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。