ページの本文へ

Hitachi

Lumada

AI活用による品質・生産性改善分析

製造データおよび品質検査データをAIで解析し、品質改善に関わる製造上の仮説を提案します。

  • LUMADAのユースケースコード:UC-00224
  • 業種:製造業
  • 適用業務・目的:製品・サービス品質向上,AI

先端部品を製造する工場における、人手では莫大な時間がかかる製造データと品質検査データの相関をAIで分析し、既存の知見を確認するとともに今までにない知見も獲得。品質改善に関わる製造上の仮説を提案します。

  • AI:Artificial Intelligence

課題

高品質を確保する部品の開発・製造

  • 新興国メーカーの台頭に対抗して、シェアを向上させたい。
  • 高品質の部品を開発・製造し、完成車メーカーとの交渉の際のイニシアチブを獲得したい。

解決策

AIの活用により部品の品質改善に関わる製造上の仮説を提案

現場データ収集システムにより収集される製造データおよび品質検査データを、日立の人工知能「Hitachi AI Technology/H」で解析。各種データと指標の相関関係を基に、品質改善に関わる製造上の仮説を提案します。

特長

相関分析による既存の知見の確認と新たな知見の獲得

  • 生産指標と品質指標の相関分析によって、既存の知見の確認および新たな知見を獲得できます。
  • 生産指標は設備や材料の速度、ズレなど約200種類から、品質指標は製品の均一性など約10種類から選定できます。

成果

AIによる分析結果を基に品質のばらつきを改善し、部品の性能値向上。
製造工程・条件見直しによる良品率向上で、生産コスト削減。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

LUMADAのユースケースコード:UC-00224

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。