ページの本文へ

Hitachi

Lumada

ウェアラブルセンサーとAIによる営業力向上および業務効率化

営業成績や業務効率など組織の業績指標(KPI)を改善するための施策を、日立の人工知能で導き出します。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-00209
  • 業種:金融・保険業
  • 目的:ワークスタイル改革,AI

ウェアラブルセンサーで取得した営業担当者の行動データ、属性情報、情報システムのシステムログから、営業担当者の働き方を見える化。組織の業績指標との相関をAIで分析することで、営業力向上や業務効率化の施策を導き出します。

  • 事例:株式会社みずほフィナンシャルグループ、株式会社みずほ銀行

課題

営業担当者の営業力向上と業務効率化、および業務品質の向上

オペレーショナル・エクセレンスの実現を目指し、営業力の向上と業務効率化、および業務品質の向上が必要。

解決策

営業担当者の行動データと組織の業績指標との相関を分析
営業力向上・業務効率化の施策を導出

ウェアラブルセンサーで取得した営業担当者の行動データ、属性情報、情報システムのシステムログから、営業担当者の働き方を見える化します。
さらに、これらのデータと組織の業績指標との相関を、日立が開発した人工知能技術の一つであるHitachi AI Technology/Hで分析することで、営業担当者の成績向上や対象部署の業務効率化の施策を導き出します。

特長

ウェアラブルセンサーにより、現在の働き方を計測・可視化

  • 情報システムのシステムログと組織活性度、各種KPIの相関を分析し、営業力向上の施策に繋げられます。
  • 複数部署や複数営業店舗での計測結果を比較することで、全社での業務効率化を目指せます。

成果

営業成績や業務効率など組織の業績指標(KPI)の改善

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-00209

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。