ページの本文へ

Hitachi

Lumada

監督者見回りによる作業者の生産性向上施策の検討

物流倉庫における監督者の見回り業務を最適化することで、作業者の生産性向上を図ります。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-00196
  • 業種:運輸業
  • 目的:生産性向上

ビジネスのグローバル化に伴うサプライチェーンネットワークの広域化・複雑化により、物流の重要性に高い関心が集まっています。
日立は、名札型ウェアラブルセンサーを使用して従業員の行動特性データを測定・分析。効率的な生産性向上・持続につながる施策を提案します。

課題

物流倉庫内作業の効率化は競争力を維持する上で不可欠

  • 物流倉庫内での単純作業を効率化することで、コストを削減したい。
  • 監督者の見回り状況による作業者の作業効率の変化に関する仮説検証をしたい。

解決策

行動特性と作業実績から生産性の向上施策を検討

物流倉庫における監督者の見回り業務を最適化することで、作業者の生産性向上を図ります。監督者の見回り時に作業者の行動特性データを測定・分析することで、効率的な生産性向上につながる施策を提案します。

特長

名札型ウェアラブルセンサーで従業員の行動特性を把握

名札型ウェアラブルセンサーを使用して監督者と作業者の行動特性データを取得。監督者と作業者が接触する前後の作業者の生産性の変化や持続時間などを分析した結果に基づき、効果的な見回りプランを提案します。

成果

作業者の行動特性と生産性の変化や持続時間を分析し、物流倉庫内作業の効率化とコストの削減を実現します。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-00196

本ユースケースを共有する



*
2017年3月時点で研究中のユースケースです。
*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。