ページの本文へ

Hitachi

Lumada

AIを活用した顧客中心マーケティング業務の高度化支援

人工知能による分析で、優良顧客化するための施策立案を支援し、粗利・売上を向上させます。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-00183
  • 業種:卸売・小売業
  • 目的・課題:マーケティング,AI

実店舗・ネットショップ双方の展開が進む小売業では、高度な顧客中心マーケティングを実践するため、顧客情報やアクセスログなどのデータを積極的に活用する必要があります。
お客さま企業にある各種データを日立の人工知能で分析し、効果的な施策導出を支援します。

  • * コンセプト実証(PoC)事例

課題

One to Oneマーケティングで粗利・売上の更なる向上をしたい

  • 実店舗およびネットショップのチャネルを最適に活用し、粗利・売上の更なる向上をしたい。
  • 他社に先駆けて、顧客一人ひとりに合わせたOne to Oneマーケティング戦略を実践したい。

解決策

顧客の購買行動特性を解析し、優良顧客化するための施策を導出

お客さま企業における顧客の購買行動特性を日立の人工知能「Hitachi AI Technology/H」で分析し、優良顧客化するための施策企画の導出を支援します。
また、実行施策の結果のフィードバックを得て、施策の良し悪しを自動学習し、更なる施策企画導出の精度を向上、ナレッジ蓄積に貢献します。

特長

業務知識に人工知能の知見をプラス

卸売・小売業務に精通するお客さま企業と、人工知能の知見を有する日立が協働することで、粗利・売上といった重要KPI向上に向けたPDCAサイクルを確立します。

成果

粗利・売上の向上(粗利向上:前年比4%強、売上向上:前年比5%強)

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-00183

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。