ページの本文へ

Hitachi

Lumada

工場内でのオンデマンド部品物流

RFIDタグを活用して、部品の入庫から出庫までを自動制御し、部品物流コストを低減します。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-00025
  • 業種:製造業
  • 目的:製造現場支援
  • 導入実績:株式会社 日立製作所

世の中に存在するモノが、IoTによって通信機能を持ち、自動認識や自動制御を生産に活用する動きが活発になっています。IoTを活用し、組み立て現場からの部品の要求に応じて自動的に部品を配送するオンデマンド出庫によって、部品物流のコストを低減できます。

課題

部品物流コストの低減

  • IoTを活用して、構内部品物流の業務を効率化したい。
  • 部品の納品から組み立て現場までの配送を自動化したい。
  • 部品物流システムを最適化し、コストを低減したい。
*
IoT :Internet of Things

解決策

部品の入庫から出庫までを自動化

部品に付けたRFIDタグの情報を読み取り、組み立て現場からの部品要求、自動倉庫からの出庫、AGVによる部品配送までの部品物流を自動化します。
これらの物流のデータを分析し、システムに反映することで、最適な部品供給形態を実現できます。

特長

必要なときに、必要な部品を、 必要なだけ配送

部品物流を自動化することで、PUSH(計画出庫)から、PULL(オンデマンド出庫)に移行できます。
オンデマンド出庫では、必要なときに、必要な部品を、必要なだけ、スピーディーに自動配送でき、むだな在庫や在庫切れを防ぐことができます。

成果

IoTの活用で部品倉庫と組み立て現場を連携し、オンデマンドの部品物流システムを実現します。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-00025

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。