ページの本文へ

Hitachi

Lumada

ファン会員情報分析 (Fan-Life Platform)

ファン・サポート会員の情報・行動を見える化し、分析することで、売上高向上に効果的な施策を導き出します。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-00019
  • 業種:その他サービス業
  • 目的:マーケティング・営業力強化
  • 導入実績:株式会社ヤクルト球団、オリックス野球クラブ株式会社、株式会社ジュビロ、浦和レッドダイヤモンズ株式会社、その他8社

ファンビジネスでは、会員とのエンゲージメント強化と会員数の拡大を図ることが重要です。 会員情報を一元管理し、行動データを分析することで、会員の嗜好にあったサービスを提供する施策を導き出します。

課題

これまでのファンにはもっとファンに、ファンではない人には新たなファンに

  • 会員のリピート率を向上させるとともに、新規会員を増やし、ファンビジネスを活性化したい。
  • 会員のニーズや特性を把握し、効果的なサービス施策を講じたい。

解決策

会員情報の一元管理・分析

会員情報を一元管理し、会員情報や会員の行動データを、ダッシュボード機能によって、表やグラフでビジュアルに確認できます。
また、会員の行動データを分析し、会員の興行/イベントへの来場、およびグッズ購入意欲を喚起するためのサービス施策立案を支援します。

特長

会員のニーズや特性にあったサービス施策の支援

これまでのように、経験や勘に頼る施策ではなく、会員情報・行動データを数値化するため、数値に裏づけされた客観的なサービス施策の検討・評価ができるようになります。実施した施策を数値で検証することで、サービス施策のPDCAサイクルができるようになります。


*

PDCA : Plan-Do-Check-Act

成果

会員数増加とリピート率増加に伴う売上拡大

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-00019

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。