ページの本文へ

Hitachi

Lumada

ワークスタイル変革

効果の見える化と継続的なPDCAで、経営戦略につながるワークスタイルを実現します。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-00014
  • 業種:製造業
  • 目的:ワークスタイル改革
  • 導入実績:株式会社日立製作所

分散オフィスでの仕事には、他オフィスとのコミュニケーションが円滑に進まない、出張が多く効率的に仕事ができないなどの悩みが付き物。現状の見える化・分析・目標の設定・改善策の提案と実行を継続的に繰り返すことで、生産性の高いワークスタイルの定着を図ります。

課題

出張による作業効率の低下、時間の損失、コストの増大

  • 制度や組織風土をどのように変革すればよいのかわからない。
  • 出張に掛かる旅費・移動時間の削減と分散オフィス間でのコミュニケーション円滑化のためITツールを導入したが、効果が出ていない。

解決策

課題を解決するための改善策の提案、実行を通して、より良いワークスタイルを定着化

  • 課題に対してKPIを設定し、目標値に近づくための改善策を提案します。
  • 試行して収集したデータから得た現状と、KPIとの相関を見える化して分析。改善策の有効性をデータで検証します。

特長

現状の見える化によって、最適なワークスタイルへ効率的に移行

ITツールのログデータと勤務・会計データを活用し、ワークスタイル変革を的確に推進できます。

  • Pentahoソフトウェアを使用して、ITツールの活用状況とコストの相関を見える化。
  • 継続的なPDCAで、効率良くワークスタイルを改善。
*
PDCA : Plan Do Check Action

成果

コミュニケーションの効率化によって、出張減少、コスト削減。
時間を有効に活用できるようになり、従業員満足度も向上。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-00014

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。