ページの本文へ

Hitachi

Lumada

材料開発ソリューション

マテリアルズインフォマティクス(MI)を用いて効率的な材料選定を支援します。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-00013
  • 業種:製造業
  • 目的:知的財産・研究開発,AI

新材料の開発は製品開発における競争力の源泉となることから、国際的にも新材料の開発競争は激化しています。
短期間・低コストでの材料開発が求められており、データ分析を通じて新材料を効率的に探索するマテリアルズ・インフォマティクス(MI)に注目が集まっています。

課題

材料開発の期間とコストの削減

従来、新たな材料の開発は、研究者の知見・経験や理論に基づき作製と実験を繰り返す手法が一般的でした。これでは、材料開発に膨大な期間とコストが掛かってしまいます。

解決策

データ分析に基いた材料開発を支援

  • マテリアルズ・インフォマティクス(MI)の適用により効率的な材料開発を支援します。
  • 膨大な材料データを高速に分析し、材料特性の変化がいつ、どの箇所で発生するかWebブラウザ上で可視化します。
  • 日立が材料データをお預かりして分析を代行します。
  • システム上で研究者間での分析結果の共有が可能です。

特長

MIと人工知能を適応

機械学習や人工知能を用いて、多角的に材料特性を推測し、今後の実験候補を提示することが可能です。

成果

材料の高性能化につながる要因の予測や特定が可能となり、実験前に予備的な分析ができるなど、実験回数や関連コストを削減し、材料開発の効率化を実現します。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-00013

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。