ページの本文へ

Hitachi

Lumada

故障予兆診断サービス(超電導MRI装置向け)

収集したセンサーデータから装置故障の予兆を検知することで、故障を未然に防ぎ、ダウンタイムを削減できます。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-00012
  • 業種:医療、福祉
  • 目的:予防保守

収集したセンサーデータを分析して、装置故障の予兆と原因を検知。壊れる前に修理する予知保守で計画外の装置の停止を防ぎ、検査業務への影響と保守コストを低減します。

課題

突然の装置故障で患者さまの検査に支障が出る
修理に時間とコストが掛かる

  • 突発的な故障による検査業務の中断や、検査予約の再調整をなくしたい。
  • 故障の原因の特定や、修理に必要な部品の手配など、復旧までに掛かる時間と費用を削減したい。

解決策

センサーデータの分析に基づく予知保守でダウンタイムを削減

MRI装置のセンサーデータを収集・分析することで、装置の故障とその原因を事前に検知します。装置が壊れる前に計画的に保守することができるため、MRI装置のダウンタイムを削減できます。

特長

故障予兆診断と、原因事象分類の併用で予知保守を実現

  • 各装置の正常時のデータを機械学習し、装置ごとの故障予兆検知を高精度で実現します。
  • Pentahoで、センサーデータと故障の因果関係を解析・分類し、故障の原因を特定します。

成果

MRI装置のダウンタイムを削減し、稼働率を向上することで、検査業務の効率改善や病院経営の改善に貢献します。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-00012

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。