ページの本文へ

Hitachi

Lumada

機械設備の予兆診断ソリューション

機械設備に設置したセンサーから状態データを収集・診断・検知。故障回避、保守コスト低減などを実現します。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-00004
  • 業種:製造業
  • 目的:予防保守
  • 導入実績:株式会社 日立パワーソリューションズ

社会インフラを構成する設備の故障や計画外停止は、自社の事業へはもちろん、社会へも大きな影響を及ぼすため、継続的な安定稼働が求められます。安定稼働を実現するためには、設備の保全・保守と品質管理が必要です。

課題

設備の状態データを活用できていない

  • 設備の状態データを収集しても、解析方法がわからず、人手で解析しているため作業負荷が大きい。
  • 過去に起きた事象を今後に反映する手段が欲しい。

解決策

状態を可視化して点検や部品交換の要否判断を支援

  • 設備に取り付けたセンサーから収集される大量のデータを診断・分析し、異常の予兆を検知します。
  • 設備の稼働状況や変化、異常の予兆などさまざまな情報を見やすく色分けして画面に「見える化」します。

特長

データマイニング技術と原因推定機能

  • 統計学、パターン認識などのデータ解析技法(データ マイニング)を用いた「ベクトル量子化法(VQC)」と「局所部分空間法(LSC)」という2種類の診断機能で分析します。
  • これまでの事象をデータベースに登録しておくことで、発生した異常との結び付けを行い、原因推定を支援 します。
*
VQC:Vector Quantization Clustering
*
LSC:Local Sub-space Classifier

成果

設備の状態や製品品質の「いつもと違う」を早期に検知できるため、故障や計画外停止を未然に防げます。
設備の稼働率向上、交換部品の適性確保などによる保守コストの低減が期待できます。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-00004

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。