ページの本文へ

Hitachi

Lumada

テクノロジー

先進的なデジタルソリューションをスピーディーに提供するための
アーキテクチャーとテクノロジー、そしてプラットフォームサービス

Lumadaのアーキテクチャー

〜インテリジェント、コンポーザブル、セキュア、そしてフレキシブルなプラットフォーム〜

先進的なデジタルソリューションの、スピーディーな開発・実装の基盤となるプラットフォームサービスやテクノロジー。Lumadaのデジタルイノベーションプラットフォームは、DXに欠かせないそうした知恵を組み合わせるアーキテクチャーを備えています。
先進のアナリティクス技術やアセット管理機能など、さまざまな仕組みをワンストップで提供し、デジタルソリューションを迅速に実現できます。

アーキテクチャー 6つの要素

Lumada Solution Hub

Lumadaの実績ある業務ソリューション、ソリューション部品・開発環境、そしてパートナーが開発したアプリケーションを、導入しやすい形にパッケージ化し、クラウド基盤上で提供します。
最新のコンテナ技術を活用したマルチクラウド上の環境でソリューションの組み合わせとカスタマイズを容易にし、お客さまのDXをシンプル、スピーディー、スケーラブルに実現。
ソリューションの早期検証から、本番環境へのスムーズな移行、グローバルな事業環境へのスピーディーな展開まで、Lumadaのエコシステムにおけるさまざまなテクノロジーの活用を支えます。


IaaS:Infrastructure as a Service AWS:Amazon Web Services GCP:Google Cloud Platform

Lumada Solution Hubは、さまざまなソリューションをつなぎ、組み合わせることで多様なシステム構築のニーズに応えます。

登録ソリューションには、さまざまなIaaS上で実行可能なデプロイタイプ、API公開によって連携するAPI公開タイプ、パートナーが提供する基盤や多様な役務サービスを含む紹介タイプが含まれます。

*
デプロイタイプ、API公開タイプは2021/5以降、順次提供開始予定。

関連リンク

Lumadaを取り巻くテクノロジー

AI(人工知能)

日立では、データ利活用の有効なシナリオを描き、アナリティクスで課題を解決するビッグデータと、大量のデータに埋もれている仮説を導き出すAIを用いて、お客さまにとって価値あるイノベーションを実現します。

日進月歩で拡大し進歩するAI技術を十分に活用するには、優秀なデータサイエンティストの存在が欠かせません。 Lumada Data Science Lab.には、日立が有する幅広い業種・業務の専門的知見やノウハウ、人財、先端技術を終結。豊富な実績をもとに、お客さまのDX実現にとって最適なAI活用方法をご提案します。

5G

高速・大容量、低遅延、多数同時接続を実現する5Gは、現実世界で収集したさまざまなデータを、サイバー空間上で大規模なデータ処理や分析を行い、その結果を現実世界にフィードバックするサイバー・フィジカル・システムのサイクルをさらに加速する技術です。

非接触・自動化・省人化など、ニューノーマル時代においてデジタルトランスフォーメーション(DX)の重要性はさらに高まります。日立は、Lumadaソリューションを基軸に5Gの特性を生かし、お客さまやパートナーとの協創を進め、さまざまな社会課題の解決に取り組んでいきます。

セキュリティ

IoTによる新たな価値が生み出される一方で、インターネットにつながったシステムは、インターネットを介して外部から攻撃されるリスクを伴うようになりました。社会インフラシステムにおいても、従来はネットワークから隔離されていた電力や鉄道など、IoTを活用した効率的なサービス提供の実現にともない、セキュリティ上の脅威が現れるようになってきています。

さらに、システム同士がつながり、エコシステムやサプライチェーンが拡大する中で、セキュリティの弱い部分を入り口として全体が攻撃にさらされるなど、一企業や組織では発生しなかった新たな課題・脅威が生じています。

日立は、セキュリティのビジョンとして「Evolving Security for changing IoT world.」を掲げ、セキュリティを進化させています。そして、「組織で守る、システムで守る、運用で守る」といった3つのアプローチで、セキュリティコンサルティングからシステム構築、セキュリティ運用に至るまでサイバー・フィジカル両面からのソリューションを提供するとともに、セキュリティ人財育成に取り組んでいます。

制御技術

日立は、さまざまなインフラの現場で蓄積してきた経験と確かなノウハウ、先進のITを融合し、鉄道や電力、上下水道、産業など幅広い分野で、安心・安全・快適な社会インフラを支える情報制御システムを提供しています。

Lumadaソリューションの実践工場として、社会インフラや産業分野向けに情報制御システムを手掛ける大みか事業所(茨城県 日立市)は、世界経済フォーラム(World Economic Forum)から、世界の先進工場「Lighthouse」(灯台:企業の指針)の一つに日本企業の工場として初めて選出されました。

マルチクラウド

日立のエンタープライズクラウドサービスは、仮想サーバ(CPU、メモリ、ディスク)およびVPN接続、ロードバランサ、ファイアウォールなどのネットワーク環境を月額でご提供いたします。またエンタープライズシステムに必要な高可用化・高性能化の各種オプションメニューも豊富にそろえています。

パブリックにサービスを提供するパートナーのクラウドや、お客さまが占有するプライベートクラウドとも連携し、用途に応じたさまざまなクラウドをフェデレーテッドポータルで統合管理することが可能です。

Lumadaでは、お客さまのデータを最適なクラウドインフラに格納したままで活用するためのさまざまなソリューションをご用意しています。

IoT/M2M

日立が提供するIoT/M2Mソリューションおよびサービスは、IoTやAIなどデジタル技術を活用し、さまざまな現場のデータを収集・分析することで、経営課題や社会問題の解決、新たな価値の創出などお客さまのデジタルトランスフォーメーションを支援します。

Lumadaのソリューションやユースケースとして蓄積された、さまざまなセンサーデバイスやIoTデータ収集・加工のノウハウ、エッジコンピューティングを含むシステム構築のナレッジが、ビジネスに直結するIoT/M2M活用を可能にします。

*
Amazon Web Services、“Powered by AWS”ロゴ、[およびかかる資料で使用されるその他のAWS商標]は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
*
Google Cloud Platformは、Google LLC の商標または登録商標です。
*
Microsoft Azureは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。