ページの本文へ

Hitachi

Lumada

工場シミュレーター

生産計画立案工数の削減や生産プロセス全体の最適化によるロスコスト低減に寄与します。
最適な部品納期の提示により、棚卸資産の縮減に寄与します。

  • 業種:製造業
  • 目的:生産計画・在庫管理

近年、製造業においては、サプライチェーンのグローバル化に加え、顧客ニーズの多様化とデジタル化の急速な進展により、IoTを活用したモノづくりの革新が求められています。多品種少量生産のモノづくりにおいては、大規模な設備投資は企業経営上の長期的なリスクになるため、現有のリソースを最大限に活用しながら生産性を高めることが課題となっています。
こうした環境のもと、日立では大みか事業所において確立した『IoT活用による高効率生産モデル』を、各種製造現場に適用できるよう汎用性を高めて製品化しました。
「工場シミュレーター」は、多品種少量生産型の工場において、需要変動や急な仕様変更により発生する生産計画変更の各種問題を、生産計画の自動立案により解決し、設計から出荷までの生産プロセス全体を最適化することで、ロスコストや生産計画立案工数を削減します。また、立案した計画を基に最適な部品発注時期を提示することで棚卸資産の縮減に寄与します。

特長1

ノウハウのデジタル化による計画精度の向上

製品別の工程フローやLT、ST、MT*などの原単位を設定する。実績に基づき乖離を評価・補正する。
*
LT:リードタイム(生産リードタイム) ST:スタンダードタイム(標準作業時間) MT:マシンタイム(機械加工時間)
  • モデルによる製品別の工程フローや原単位を設定
  • 生産実績に基づく原単位の見直しによる精度向上

特長2

複数リソースの生産負荷を平準化した生産計画の自動立案

製品情報や原単位情報を基に展開された各工程負荷を生産能力を基準に山積み/山崩しを行い平準化する。
  • 製品情報と原単位を組み合わせ生産計画自動立案
  • 山積み/山崩し機能による負荷平準化

特長3

生産スケジュールに合わせた最適な部品調達納期の提示

調達リードタイムと製造タイミングを考慮した、最適な部品納期を提示する。
  • 製造タイミングに合わせた最適な部品納期の提示
  • 生産スケジュール変更に追従した部品納期の反映

お問い合わせ

本ソリューションについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ソリューションのタイトルをご記入ください。

本ソリューションを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。