ページの本文へ

Hitachi

Lumada

作業改善支援システム

原価低減や製造リードタイム短縮に繋がる効果の高い改善を短サイクルで実現します。

  • 業種:製造業
  • 目的:生産計画・在庫管理

近年、製造業においては、サプライチェーンのグローバル化に加え、顧客ニーズの多様化とデジタル化の急速な進展により、IoTを活用したモノづくりの革新が求められています。多品種少量生産のモノづくりにおいては、大規模な設備投資は企業経営上の長期的なリスクになるため、現有のリソースを最大限に活用しながら生産性を高めることが課題となっています。
こうした環境下、日立では大みか事業所において確立した『IoT活用による高効率生産モデル』を、各種製造現場に適用できるよう汎用性を高めて製品化しました。
「作業改善支援システム」は、優先的に対策すべきボトルネック作業に関して、作業映像と作業指示図を自動的に抽出して同時に表示することにより、作業改善を容易にし、作業改善サイクルを短縮します。

特長1

要素作業単位での作業時間/生産性の見える化によるボトルネック作業の把握

全作業に対する詳細な実績データを自動で収集・蓄積する
  • 各作業時間実績の収集
  • 全工程に対する作業映像の収集

特長2

全作業における実績評価の実現による実際に生じるボトルネック作業の特定

ボトルネックとなる作業を自動で特定することで、早期の問題解決を実現する。
  • 異常のある工程の見える化
  • ボトルネック作業の自動抽出

特長3

蓄積/分析データの複数部門(製造,設計など)共有によるPDCAサイクル短縮の実現

製造現場と設計部門が抽出されたデータを基に問題認識を合わせることで、部門間で協調した改善を実現する。
  • 映像分析を用いた問題への適切な改善策の導出
  • 分析結果を用いた複数部門での問題認識共有化

お問い合わせ

本ソリューションについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ソリューションのタイトルをご記入ください。

本ソリューションを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。