ページの本文へ

Hitachi

Lumada

進捗・稼働監視システム

製造実績情報から各作業の能力過不足や進捗をひと目で分かるよう可視化し、工程遅延を防止します。

  • 業種:製造業
  • 目的:生産計画・在庫管理

近年、製造業においては、サプライチェーンのグローバル化に加え、顧客ニーズの多様化とデジタル化の急速な進展により、IoTを活用したモノづくりの革新が求められています。多品種少量生産のモノづくりにおいては、大規模な設備投資は企業経営上の長期的なリスクになるため、現有のリソースを最大限に活用しながら生産性を高めることが課題となっています。
こうした環境下、日立では大みか事業所において確立した『IoT活用による高効率生産モデル』を、各種製造現場に適用できるよう汎用性を高めて製品化しました。
「進捗・稼働監視システム」は、生産ラインで収集・蓄積した製造データを活用し、工程遅延の原因となるボトルネック作業や、作業能力の過不足などを現場リーダーがひと目で分かる形式で一元的に可視化することで、人員を含めた生産リソースの最適配置など、納期遅延へのタイムリーな対策・改善を促進します。

特長1

生産計画に対する作業実績収集による作業進捗のリアルタイム把握

各工程の実績情報を収集し、実績情報と周辺システムの計画・標準情報を集約する。
  • 作業着手/完了時刻をリアルタイムに収集
  • 周辺システムから生産計画・作業実績情報を収集

特長2

各工程の作業量と生産能力を元に能力過不足を可視化

各作業の進捗状況から、消化作業量の実績・見通しを分析・収集し、能力過不足を可視化する。
  • 当日・翌日のボトルネック工程の状況を可視化
  • 実態に合わせた各作業の消化作業量を分析

特長3

作業進捗、能力過不足を元に各作業工程間の生産能力調整をサポート

人員再配置シミュレーションにより、日々変わるボトルネック工程の解消策を検討する。
  • 当日の工程遅延解消に向けた人員配置策を検討
  • 翌日の作業負荷平準化を狙った人員配置計画を立案

お問い合わせ

本ソリューションについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ソリューションのタイトルをご記入ください。

本ソリューションを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。