ページの本文へ

Hitachi

Lumada

組立・加工工程向け製造実績管理ソリューション

生産実績の見える化で作業スキルや品質のばらつきをなくし、生産効率向上を実現します。

  • 業種:製造業
  • 目的:製造現場支援,生産性向上

加工・組立といった生産ラインは人手による作業がメインのため、作業者のスキルによってスピードや品質にばらつきが発生します。
本ソリューションでは、生産計画データとその実績データ、設備のトレンドデータを収集して見える化。作業プロセスや生産計画の見直し、設備不良の早期対策が可能になり、生産効率と品質の向上を支援します。

特長1

工場内のあらゆるデータを一元管理

生産の予実績データ、設備のトレンドデータ、各種部材データなどを一元管理。全工程の実績情報と不良情報、複数拠点でのデータ管理や進捗状況などを把握できるようになり、さまざまな観点での分析に活用できます。

特長2

工場全体の作業共通化と帳票の電子化で生産効率改善

工場全体で生産実績の入力方法を統一することで、工程や作業者ごとに異なっていた作業を見直し、共通化します。不要作業や重複作業を洗い出すことで、生産効率を改善します。
帳票の電子化により記入や転記作業が不要になり、紙コスト削減に貢献します。

特長3

生産計画と実績データをリアルタイムに収集し、タイムリーに生産調整

生産計画データと生産実績データをリアルタイムで収集。生産状況を時間単位で確認できるので、タイムリーな生産調整が可能になります。
作業者と生産実績データを紐付けた作業分析で、適切な人員補充や配置が可能になり、生産効率向上につながります。

特長4

設備単位で品質特性やトレンド分析、効率的なラインを構築

PLCは複数メーカーに対応しており、異なるメーカーの設備に対してデータ連携できます。これにより設備単位で品質特性、トレンド分析用データとして活用でき、より効率的なライン構築を実現します。

*
PLC:Programmable Logic Controller

お問い合わせ

本ソリューションについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ソリューションのタイトルをご記入ください。

本ソリューションを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。