ページの本文へ

Hitachi

ビジネスの変化に迅速に対応!
経験とノウハウから提案する工場IoTソリューション

Lumada Solution Hubに蓄積された、ソリューション・組み合わせノウハウにより、課題に最適なDXの実現を支援

工場IoTの推進には、お客さまの課題や状況に応じて、複数のソリューションを活用していく必要があります。日立では自社の工場を含め、多くのお客さまの工場のIoT化をご支援しており、幅広い経験とノウハウがあります。 Lumada Solution Hubには、そのような実績があるソリューションと、課題解決に最適な組み合わせのノウハウが蓄積されます。

日立は、パートナー企業とともに、それらのソリューションとノウハウを活用しながら、工場ごとの異なる課題に対し、必要なカスタマイズを加えていくことで、お客さまのご要望に沿ったDX(デジタルトランスフォーメーション)推進をご支援していきます。

Lumada Solution Hubで実現する、工場IoTソリューションの提案の例

お悩みの課題に合わせて、ソリューションの組み合わせをご提案していきます。例えば、在庫削減や生産性の向上などの課題がある場合は、現場データを収集して、生産現場の状態を可視化する組み合わせなどがご提案できます。その他にも、課題に応じて、パートナーと連携して、数多くのソリューションやその組み合わせの実績から最適なご提案ができます。

map_経営・製造ダッシュボード map_IoTコンパス map_Hitachi Data Hub

経営・製造ダッシュボード

経営・製造ダッシュボード
工場の状態を可視化し、課題の所在を提示

IoTコンパス

IoTコンパス
工場の4Mデータをモデル化し生産ラインを再現

Hitachi Data Hub

Hitachi Data Hub
現場データの収集

関連情報:生産現場を改善し続けるデジタルツイン技術 -工場IoTプラットフォームの構築へ向けて-

日立評論の「生産現場を改善し続けるデジタルツイン技術-工場IoTプラットフォームの構築へ向けて-」では、現場からのデータを収集・加工・蓄積するHitachi Data Hubと、蓄積したデータの整理・統合を担う「IoTコンパス」について概説しています。また生産現場のデジタルツイン化ソリューションを支える工場IoTプラットフォームの概要も掲載しています。