ページの本文へ

Hitachi

Hitachi IoT Platform Magazine

オフィスの入退出管理、勤怠管理に

「統合型ファシリティマネジメントソリューション BIVALE(ビヴァーレ)」 クラウド型入退出管理サービス

統合型ファシリティマネジメントソリューション BIVALE(ビヴァーレ)

働き方改革に伴う労働基準法改正案が4月に施行されてから約2ヶ月が経過しましたが、オフィスの働き方改革対策は順調にすすんでいますでしょうか? 今回の法改正により、労働時間の把握と残業時間管理がこれまでにも増して求められるようになったものの、働く人ひとりひとりの勤務時間の確認には多くの手間が掛かり、特に複数の勤務拠点がある場合は、全員の勤務時間を追うのは難しくなります。

クラウド型入退室管理サービス

統合型ファシリティマネジメントソリューション「BIVALE(ビヴァーレ)」のクラウド型入退室管理サービスは、従来のオフィスの入退出管理に加え、在館時間を把握する機能を持たせ、入退室履歴のデータを勤怠管理に活用することが可能です。

クラウド

■初期費用0円のクラウド型入退室管理サービス

カスタマーセンターでデータを一括管理。 お手ごろな月々定額制、お客さまの資産管理不要、破損・盗難時の費用負担も不要です。

■手軽に1ドアから導入可能。複数拠点もお手元のパソコンで一元管理

専用パソコンは不要のため、普段お使いのパソコンで部署ごとの管理や本社一元管理など、お客さまの運用にあわせた管理が可能です。

豊富な導入実績

導入実績 3,000件、オフィス、工場、金融機関など、新設からリプレースまで豊富な導入実績

オススメ記事