ページの本文へ

Hitachi

Hitachi IoT Platform Magazine

Lumada とは

Lumadaは、お客さまのデータから価値を創出し、デジタルイノベーションを加速するための、日立の先進的なデジタル技術を活用したソリューション/サービス/テクノロジーの総称です。

Lumadaで支える価値創出

お客さまのデータから価値を創出し、デジタルイノベーションを加速する日立のLumada

loTの進展により、社会やビジネスが生み出すデータが加速度的に増え続けています。
そして、これらのデータこそ新しい価値の源泉です。

日立はいま、さまざまな事業領域のお客さまとともに、次の社会に向け、新しい価値を創出する「デジタルイノベーション」に取り組んでいます。そのために日立がご提案するのがLumadaです。

お客さま・パートナーとの協創(NEXPERIENCEなど)

変革のためには、まず潜在する課題の発見が必要です。日立は、複雑なビジネスから課題を浮き彫りにするための顧客協創方法論「NEXPERIENCE」を体系化。また、経験価値(Experience)に着目した価値協創手法とツール「Exアプローチ」も新しいビジネスモデルの創出を支援します。

業種・業務ノウハウ

日立では、多岐にわたる業種・業務のノウハウや知見を、さまざまな分野のお客さまとの協創で迅速に活用するために、Lumadaのユースケースとして凝縮・蓄積しています。

Lumadaユースケースとは、お客さまと協創で新たな価値の創出を実現したデジタルソリューションをモデル化したものです。それぞれのユースケースには、データからどのように価値を創り出したのか、人工知能やアナリティクスなどにどのような技術を適用したのか、といった要素が整理されています。

バナー:Lumadaのユースケース

プラットフォーム製品とテクノロジー

お客さまとの協創によるソリューション創出を支える基盤として、先進的なデジタルソリューションのスピーディな開発、実装のための基盤となるプラットフォームサービスやテクノロジーをLumadaとして提供します。

バナー:Lumada協創事例

オススメ記事