ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

貴社のSAP®システムをSAP S/4HANAへの移行を検討されているお客さま向けの、参加型ワークショップです。
多くのお客さまが既存SAPシステムのSAP S/4HANA移行を実施するにあたり、さまざまな疑問や悩みを抱えられています。

これらのお悩みを抱えられているお客さまとともに、日立ならではの顧客協創方法論「NEXPERIENCE」のノウハウをベースに、2日間の無償ワークショップを実施します。
現在の実態や課題、問題の洗い出しを行うとともに、SAP S/4HANAへ移行した場合の効果やメリットを考えながら、今後のへのSAP S/4HANA移行の「目的」を整理していきます。

SAP S/4HANAへの移行の「目的」を作るワークショップのアプローチ

日立の顧客協創方法論「NEXPERIENCE」のノウハウをベースに、未来のありたい姿を描き、そこから現在へと逆算するバックキャストのアプローチでディスカッションを進めます。
足元の改善・改良にとどまらない姿を抽出することがメリットです。

ご参加される方々の所属部門、さらにその関連部門の方々がめざす「ありたい姿」をイメージし共有、それらを実現するための考えや具体施策を発想し、SAP S/4HANAへの移行の価値や可能性、方向性を検討し、今後のロードマップにつなげます。

SAP S/4HANAへの移行の「目的」を作るワークショップでの検討内容

ワークショップでは以下をポイントとし議論を進め、関連するアウトプットを作成しご提供します。SAP S/4HANAへの移行の効果や付加価値を考えるにあたり、多くの気づきを得ていただくことで、SAP S/4HANA化の目的と次のステップにつなげていきます。

SAP S/4HANAへの移行の「目的」を作るワークショップの流れ

貴社にとってのあるべき姿、ありたい姿は何かを議論し、それを実現していくための施策を検討し、SAP S/4HANA移行により実現できる方策とを関連付けながら今後の移行計画策定に向けて議論を進めます。
全体最適の実現、および現場の業務部門の皆さまのご意向もふまえながら、貴社の今後のありたい姿を実現するための方向性検討・ソリューションのご提案につなげます。

リモート開催(Zoom or Cisco Webex or Microsoft Teams + Mural)を想定していますが、ツール変更・オンサイト併用も可能です。

お申し込みはこちら

SAP S/4HANA®への移行の「目的」を作るワークショップ(SAPサイトへ)

SAP S/4HANA®への移行の「目的」を作るワークショップ(SAPサイトへ)

  • * SAP®、SAP S/4HANA®、SAP®ロゴ、記載されているすべての製品およびサービス名は、ドイツおよびその他の世界各国におけるSAP® SEの登録商標または商標です。