ページの本文へ

Hitachi

日立のクラウド Hitachi Cloud

 
フェデレーテッドクラウド管理サービス

各種クラウド、オンプレミス環境の仮想サーバーの監視・運用を一元管理

アラートや稼働情報の確認、タスクの実行状況の確認などをクラウドサービスの枠を超えて1つの画面で容易に行えます。

このようなお客さまにおすすめです

  • 複数のクラウド、既存システムの監視や運用管理を一元化したい
  • マネージャを個別に構築せず、初期費用なしですぐに業務運用を開始したい
 

特長

  • 監視サービス(FCM)
  • タスク実行サービス(FCK)
  • ファイル転送サービス(FCT)

Point1 監視サービス(FCM)

各種クラウド、オンプレミス環境を意識しないサーバー監視

日立エンタープライズクラウドサービス、プライベートクラウドサービス、およびAmazon EC2、Microsoft Azureなどのパートナークラウドやオンプレミスが混在した環境を同一システムで監視し、1つの画面で確認できるのでアラートを見逃しにくくなります。また、稼働統計も1つの画面で確認可能です。

Point2 タスク実行サービス(FCK)

異なる環境のサーバー間で連続したプログラム実行を自動化(FCK)

異なるクラウド環境での連続したコマンドやプログラムなどの実行を制御できます。日次、週次、月次、年次などカレンダーによるスケジュール制御が可能なので、コスト最適化を目的にサーバーの起動、停止などを自動化することもできます。使用するプロトコルはHTTPSのみで、ブラウザによる結果確認、リラン制御が可能です。

Point3 ファイル転送サービス(FCT)

異なる環境間で大容量のファイル転送を安全・確実に転送(FCT)

様々な環境で稼働するサーバ―で保有するファイルを任意のサーバーに転送します。ファイルを分割し、個別キーで暗号化することで、ファイルを安全・確実に転送します。GB~TBサイズのラージファイルも転送できます。また、世代や保存期間によるデータ管理機能もあり、ファイル転送の状況照会やリラン、キャンセルもすべてブラウザから操作可能です。

サービスメニューと価格

サービス名 サービス内容 価格(税抜)
監視基本サービス
  • 監視用のオーナーID発行、毎月の請求書発行、障害時のメール通知を行います。

月額費用:2,728円/監視対象(*9)

リソース監視サービス
  • 監視対象となる仮想サーバーにAgentをインストールし、リソース監視を行います。
  • 監視結果のデータを指定期間保有します。ノード登録画面から仮想サーバーごとの統計保有日数を随時変更可能です。

リソース監視は以下の監視を行うことが可能です。

①イベントログ監視

②テキストログ監視

③サービス監視

④プロセス監視

⑤物理メモリ容量監視

⑥仮想メモリ容量監視

⑦CPUビジー率監視

⑧ディスクスペース監視

⑨ディスクビジー率監視

⑩ネットワークビジー率監視

⑪SQL Azure容量監視

⑫SQL Azure応答監視

⑬SQL Server容量監視

⑭SQL Server応答監視

⑮ハートビート監視

カスタム監視サービス
  • 監視対象となる仮想サーバーにAgentをインストールし、カスタム監視を行います。
  • 監視結果のデータを指定期間保有します。ノード登録画面から仮想サーバーごとの統計保有に数を随時変更できます。

カスタム監視は以下の監視を行うことが可能です。

①パフォーマンスカウンタ監視

②カスタム監視

外部監視サービス
  • HTTP監視またはPING監視を行い、応答有無とレスポンス時間を監視します。監視結果(レスポンス時間)を指定期間保存します。

外部監視は以下の監視を行うことが可能です。

①HTTP監視

②PING監視

③TCPポート監視

④イントラネット内HTTP監視(*7)

⑤イントラネット内PING監視(*7)

⑥イントラネット内TCPポート監視(*7)

NAT(*8)サーバ提供サービス
  • エンタープライズクラウドサービス上にある仮想サーバーを監視する際、インターネットを経由せずに、LAN経由で監視するために必要なNATサーバーの月額利用料です。

プライベートクラウド、パートナークラウドなども日立のエンタープライズクラウドサービスとVPNや専用線で接続すればインターネットを経由せずに監視可能です。

JP1ブリッジモジュール提供サービス
  • 情報集約サーバーからエラーメッセージを取得し、既存のJP1/IMにイベント連携するモジュールを提供します。

JP1ブリッジモジュールをインストールするサーバー、JP1/IMへイベント転送を行うJP1/Baseが別途必要です。

運用支援ツール提供サービス
  • 情報集約サーバーの監視データ抽出や、監視設定を支援するツール群を提供します。
自動電話通報サービス
  • エラー通知をメールだけでなく、登録された電話番号リストに基づき、自動電話通報します。

通知条件・電話番号リストは、全てWEBサイトから設定可能です。

監視連携サービス
  • 電子メールやAWS CloudWatchで検知したアラームやステータス変更を監視イベントとして登録し、他の監視イベントと同様に振分、通知を実施します。
タスク実行基本サービス
  • タスク実行サービスのサポート窓口を提供します。(*10)

月額費用:13,000円~(*11)

タスク実行サービス
  • 異なるクラウド環境での連続したコマンドやプログラムなどの実行を制御します。
    コマンドやプログラムなどのライブラリ管理、マルチクラウド向け運用ツールを提供します。一部の運用ツールは情報集約サーバーで実行可能です。
ファイル転送基本サービス
  • ファイル転送サービスのサポート窓口を提供します。(*10)

月額費用:1,180円~(*12)

ファイル転送サービス
  • クラウドストレージを使い、インターネットを介してのファイル転送を安全・確実に実現します。
*7 お客さまにてAgentをインストールしたWindowsサーバーを準備、設定いただく必要があります
*8 Network Address Translation
*9 監視基本サービス+リソース監視サービスにて仮想サーバーを1台ご契約いただいた場合の価格例です
*10 監視基本サービスも契約が必要となります
*11 タスク実行プランBを選択された場合の価格例です
*12 ファイル転送サービス(標準利用)を以下の内容でご利用いただいた場合の価格例です
(月に30回ファイルをアップロード+30日間1GBのファイルを保管+10MBのファイルを月に30回ダウンロード)

対応OS

OS Agentサポート対象OSバージョン
Monitor Kicker Transporter
Windows Server 2003/2003 R2/2008/
2008 R2/2012/2012 R2/
2016/2019/2022
2012/2012 R2/2016/2019/
2022
2012/2012 R2/2016/2019/
2022
Amazon Linux AMI[2012.09|2013.09|2014.09|2015.03|2015.09|
2016.03|2016.09|2017.03|2017.09|2018.03]/2 AMI
Red Hat Enterprise Linux(RHEL) 5/6/7/8 6/7/8
CentOS 6/7/8 7/8
OpenLogic 6/7
Ubuntu Server 12.04/14.04/14.10/15.04/
15.10/16.04/16.10/17.04/
17.10/18.04/18.10/20.04
14.04/16.04/18.04/20.04
SUSE Linux Enterprise Server 11/12/15
Oracle Linux 6/7/8