ページの本文へ

Hitachi

日立のクラウド Hitachi Cloud

 
クラウドコンサルティングサービス

日立のクラウドコンサルティングサービスは、日立独自のフレームワークとノウハウで、お客さまのクラウド活用の企画検討、導入計画段階での悩みを解決するサービスです。

プライベート/パブリック/ハイブリッドなど、クラウドをどう使い分ければよいかわからない、クラウド化による全体効果を試算したいといったお客さまに、適切なクラウドサービスの選択や導入に向けた準備を支援します。

このようなお客さまにおすすめです

  • プライベート、パブリックなど、クラウドをどう使い分ければよいかわからない
  • クラウド化による全体効果を試算したい
 

特長

  • クラウド実装・運用経験に基づくワンストップのサービスメニュー体系
  • 事業立上げ経験に基づく構想策定アプローチ
  • 多彩なテンプレートによる効果的なアセスメント

Point1 クラウド実装・運用経験に基づくワンストップのサービスメニュー体系

プライベート、パブリック、ハイブリッドなどの
各種クラウド導入・運用実績のフィードバック

日立のクラウドコンサルティングサービスは、クラウド リフト&シフトの企画検討から導入計画で、日立がこれまで実践してきたプライベート/パブリック/ハイブリッドなど各種クラウドの導入・運用実績をフィードバックしたサービスです。

サービス体系

Point2 事業立上げ経験に基づく構想策定アプローチ

日立のクラウド事業立ち上げノウハウを活用した構想策定

これまでクラウド事業を立ち上げてきた経験を活かし、経営層・管理者層・担当層での「ベクトル」を合わせた構想策定推進により、手戻りを防止します。

Point3 多彩なテンプレートによる効果的なアセスメント

業種・業態・規模に応じたベストプラクティスの集成

多彩なテンプレートを活用したアセスメントにより、効果的かつ迅速なクラウド導入を促進します。

サービスメニュー

サービス名 サービス概要
クラウド利用方針策定支援サービス
  • 既存システムをクラウド化する際の目的を整理し、システムランク分類でパブリック、プライベート、オンプレミスといった使い分け方針の決定を支援します。
  • システム停止による業務影響度合いや情報の機密性といった、お客さまが重視されている観点でシステムランクを設定し、各クラウドの特性を考慮して方針を決定します。
  • この利用方針に基づいて、各システムの移行先を仕分けしシステム配置案として整理します。利用方針が明確になると、クラウドへの移行を客観的に判断できるようになり、クラウドをより積極的に活用できるようになります。
クラウド利用ガイドライン策定支援サービス
  • セキュリティおよびサービスレベルの観点で、クラウドを選定する基準となるガイドラインの策定とチェックリストの作成を支援します。
  • まず、お客さまのセキュリティ関連文書や各種フレームワークに基づき、国際規格ISO27017をベースに必要な項目を抽出してガイドラインを策定。次にお客さまのリスクに合わせ、ガイドラインから利用者向けのチェックリストを作成します。
  • これらのツールを整備することで、適切なクラウドの使い分けができるようになります。
導入効果アセスメントサービス
  • 現行ITインフラ環境などのリソースを仮想集約した場合の、インフラや運用のコスト削減効果を試算します。
  • 具体的には、お客さまの資産情報や運用情報から必要な前提条件を洗い出し、現行コストを調査。クラウド化後のコストも試算して全体の削減効果を可視化します。
  • リソースや運用の集約効果を数値化することで、経営層を含め社内にクラウド化のメリットを明確に示すことができます。

関連リンク