Hitachi

カスタマイザブル データ交換サービス

残り4年で移行しないといけない? ISDN終了問題の影響と対策

TWX-21
導入企業
約68,000社

(2019年10月現在)

ISDN(*1)終了問題を期に、レガシーEDI(*2)からの切り替えが迫られています。せっかく切り替えるのであれば、現状の管理・運用保守業務からも解放されませんか?
日立のクラウド型EDI「カスタマイザブル データ交換サービス」にアウトソースすれば、EDIシステムの管理・運用保守業務を日立に任せて、コストも大幅に削減できます。

*1
本ページでは、INSディジタル通信モードのことを指す
*2
Electronic Data Interchange:電子データ交換システム

お問い合わせ

*
メーラーが起動しない場合

自社のEDIシステムにおける
こんな課題はありませんか?

課題 1

替え時が難しい
老朽化したEDIシステム

継続して使えないことはわかっているが、どうすればよいのかがわからない。

課題 2

移行するにしても
大きな投資が必要

オンプレミスで移行する場合、新規ハードウェアやソフトウェアのライセンス費用など、初期費用が高額になるのが悩ましい。

課題 3

膨大な時間をとられる
運用業務やトラブル対応

接続先が増えるたびに、データ変換の定義・組込み・サーバーテストが発生。運用業務にも多大な工数が発生する。

下向き矢印

「カスタマイザブル データ交換サービス」で解決できます!

カスタマイザブル データ交換サービスを活用すれば、
自社フォーマットへのデータ変換や、基幹システムへのデータ渡しまで、
国・業界にかかわらず取引先とのデータ交換を容易に実現。

  • ISDNの
    「ディジタル通信モード」が
    終了する
    「今」
    が替え時
  • クラウドだから
    ライセンス費用
    を圧縮可能
  • 日立に管理・運用保守業務を
    まるっとお任せ。
    自社の人材
    有効活用実現

導入前後の比較

比較すれば一目瞭然!

カスタマイザブル データ交換サービスを活用すれば、EDIの運用保守コストを
大幅に効率化できます。さまざまなデータ フォーマットに対応しており、
シームレスな企業間EDIを強力に支援します。

TWX-21導入前

下向き矢印

TWX-21導入後

ここが日立ならでは!

  • 導入・切り替えは日立のベテラン
    コンサルタントが担当
  • 開発から切り替え時
    テストまで一気通貫で対応
  • 運用はお任せください
  • 安全安心の日立のクラウド

TWX-21をご導入いただいた企業様

導入企業は国内外 約400業種、約68,000社(2019年10月現在)
カスタマイザブル データ交換サービスを含むTWX-21は、
国・業種を問わずさまざまな企業様にご導入いただいています。

EDIシステムの効率的な運用を考えるなら、
カスタマイザブル データ交換サービス

「所有」から「利用」に変えるシステム導入時の3つの検討ポイント。
ISDN終了問題の対策で「今」確認したいことをまとめています。

紹介資料表紙

こんな方にオススメ

  • EDIシステムの効率的な運用がミッションの情報システム担当者
  • ISDN終了問題による業務の影響を知りたい方
  • システム切り替え時の計画〜本番稼働まで全体感を知りたい方

紹介資料ダウンロード

ベテランコンサルタントがお伺いします!

お問い合わせ

  • * お問い合わせにはメールアドレスが必要です。個人情報の取扱いについて(新規ウィンドウを開く)をお読みいただき、同意いただける場合は「お問い合わせ」をクリックして送付ください。メーラーが起動しない場合は、twx-21.help@itg.hitachi.co.jp宛にお問い合わせください。

閉じる

紹介資料[無料]

  • 紹介資料表紙
  • 「所有」から「利用」に変える
    システム導入時の3つの検討ポイント!

    ISDN終了問題の対策で「今」確認したいことをまとめています。

    紹介資料ダウンロード