ページの本文へ

Hitachi

日立のクラウド Hitachi Cloud

 

新たな社会環境「ニューノーマル」の訪れ クラウドサービスが支える未来

「密」になれないニューノーマルの時代に向けて、企業にはすべてのビジネス活動を「オンライン・ファースト」の観点から見直し、積極的にクラウドサービスの導入を進めることが求められています。しかし、一体どんな業務から着手すればいいのでしょうか。

第2回 オンライン・ファーストへのステップの登り方

1.非対面がビジネスの標準に

コロナ禍以前、ビジネスの標準は「フェイス・トゥ・フェイス:対面」であり、育児や介護などの理由でやむを得ない場合のみ「オンライン:非対面」で業務を行っていました。一方コロナ禍以降は、対面と非対面の主従が逆転します。すなわち、「フェイス・トゥ・フェイス」での業務はやむを得ない場合にとどめ、できるだけ「オンライン」でビジネスを行っているのが今の私たちだと思います。

しかしビジネスは、顧客やパートナーと、あるいは社員同士でつながってはじめて前に進むものです。フェイス・トゥ・フェイスが難しい今、業務に必要な接点をどれだけオンラインで実現できているかは、企業の競争力に大きく関わるのではないでしょうか。つまりニューノーマルにおいてビジネスを停滞させないためには、オンライン・ファーストへのパラダイムシフトが不可欠だと考えます。

2.オンライン・ファーストは長期的戦略へ

コロナ禍によって企業には不可避的にオンライン・ファーストが課せられました。テレワークをはじめとする取り組みの中で、多くの企業が感染拡大の防止にとどまらない価値を手にしたのではないでしょうか。
例えば、時間と場所の制約がなくなることによる業務の効率化が、そのひとつだと思います。そして、パンデミックなどさまざまな災害に対応できる高い事業継続性の確保や、社員の多様性が生きる柔軟な働き方の実現などもあげられます。

現在多くの企業がこうした価値の最大化を目的に、コロナ対策を超えた長期的な戦略としてオンライン・ファーストの推進に取り組まれています。

3.業務のクラウド化は階段を登るように

オンライン・ファーストの推進において、その施策の中心は言うまでもなく業務のクラウド化でしょう。しかし一口にクラウド化と言っても社内の業務はきわめて多様で、何から着手すべきか、判断に困るのではないでしょうか。まずすぐに着手可能なのは、間接業務だと思います。次に製造ラインなどの直接業務をできるところから。日立は、階段を登るようにクラウドサービスを導入するのが、合理的だと考えています。

ステップ1:間接業務を中心にクラウド化

イメージ:ステップ1

会社全体のオンライン・ファーストを加速させるために有効なのは、購買や契約、人事・労務など間接業務のクラウドサービスへの移行です。コロナ禍において一定数の社員が、紙文書の処理のために出社せざるを得なかった企業が少なくなかったようです。バックオフィスの業務がデジタル化することでテレワークも全社的に拡大していきます。

同時に、まだデジタル化されていない直接業務にも、クラウドサービスを効果的に導入することができると思います。例えば、コンタクトセンターシステムをクラウド化することで、「密」を避けた在宅オペレーター業務が実現できます。

また、ニューノーマルではインサイドセールスの営業活動の強化が課題となります。そこで、顧客情報の分析サービスを活用することで、より確度の高い打ち手を導き出すことが可能になります。オンライン・ファーストの観点で新しい業務の形を描きながら、適切なクラウドサービスを導入していただきたいと思います。

ステップ2:製造現場のデジタル化

イメージ:ステップ2

ラインの制御を行う製造業のような現場の作業は、テレワークは難しいと言われています。しかし、新型コロナの次の波やさまざまな災害にも現場を止めないために、可能な部分からクラウド化に着手し、省人化を進める必要があります。

例えば、製造現場に、IoTを活用した製造機械の遠隔監視・操作を実現するクラウドサービスを導入します。これにより生産ラインの進捗状況や機器の稼働状況のデジタル化ができ、リモートからでも確認することが可能になるでしょう。

更に、クラウドにセキュアな中継サーバーを設け、現地のコンソールに遠隔からリモート接続すれば、テレワークでも現場環境を操作することが可能になります。

4.日立のノウハウの共有

間接業務、製造現場へのクラウドサービスの適用は、どのように進めたら良いのだろうか。そんな悩みに明確な回答を提供してくれる信頼のパートナーが、オンライン・ファーストの推進には必要ではないでしょうか。

日立は、数万人規模でテレワークを実施し続けている ノウハウに加え、製造業企業としての豊富な経験も持ち合わせています。お客さまに寄り添ったオンライン・ファーストの実現へ向けて、日立はクラウドサービスを提供してまいります。

2020年8月現在

オンライン・ファーストの推進をささえる日立の多彩なクラウドサービス