ページの本文へ

Hitachi

日立のクラウド Hitachi Cloud

 

DXを見据えてクラウド活用の価値を最大化するためには、段階的にクラウド活用の最適化・高度化を図っていくことが重要です。これを実現するために必要不可欠なことがクラウドジャーニーを描くこと。2016年にLumadaを発表して以降、お客さまとの協創を通じて、データを活用した新たなビジネスを実現するご支援をしてきた日立と一緒に、お客さまの課題や事業環境に適したクラウドジャーニーを描き、DXを進めていきましょう。

DX推進とクラウド

DXの推進には「組織や業界の枠を超えてデジタルでつながること」「データを適切に管理すること」「データ分析した結果を現場にフィードバックすること」が重要です。それは、デジタルやデータの活用範囲・活用方法がDXによるビジネス価値向上に大きく関係するためです。

プロフェッショナルサービス

DX推進を支えるクラウドジャーニー

データ活用を下支えするためにはクラウドの活用は必須です。そのため、お客さまがめざすDXの姿に合わせてクラウド活用の成熟度を段階的にステップアップさせる、クラウドジャーニーへの継続的な取り組みが必要となります。
限定的なクラウドの利用から始まり部門横断や全社的な利用を経てクラウド最適化の状態、シームレスにクラウドを活用できる企業に進化させることが求められます。

プロフェッショナルサービス

クラウドジャーニー推進の観点

クラウドジャーニーを継続的に推進していくためには、ITシステムのクラウド化だけではなく、次の5つの観点で幅広く取り組む必要があります。

クラウドジャーニー推進の観点

クラウドジャーニーを支援する日立のサービス

クラウドジャーニーを支援する日立のサービス

お客さまのクラウド活用の成熟度に応じて、クラウドジャーニー実現を支援するサービスを提供します。
検討初期段階からクラウド最適化までのクラウドジャーニーの各ステップにおいて、お客さまを幅広く支援するサービスを用意しています。上流検討を支援するクラウドコンサルティングに始まり、クラウドの環境構築や移行支援、IT運用の最適化や運用開始後のコストガバナンスなど、計画から運用まで幅広く対応します。

関連リンク

Lumada

デジタルイノベーションを加速するLumadaによってお客さまが求めるDXの実現を支援します。